カテゴリー「旅行・地域」の記事

2014年7月31日 (木)

熱海での句会 -野分会夏行-

 先週末は、1年ぶりの句会野分会の夏行に行ってきてんわ。会場は熱海。京都から新幹線に乗って、距離は東京より近いげんけど、かかる時間は東京より遠い・・・。なんともまぁ、不思議な感じ(笑)。人間が当然のことを超えてしまったいい例なんかもしれんなぁなどと考えながら熱海に到着。

 

 京都よりは涼しいものの、やはり陽射はガンコ暑かったわぁ。スルメガ干される熱海の街をふらふらと歩きながら、太宰治も滞在した宿を公開しとるという起雲閣に行って来た。

 

 

Imag0935_2 太宰が玉川上水入水の3ヶ月前に愛人・山崎富栄と滞在した部屋に座り、句を詠んだ。

 

 

 ”硝子窓畳にもただ夏の空” 亜世

 

 ”文人を偲びて扇ぐ古扇” 亜世

 

 ”硝子ごし大正の館空涼し” 亜世(第2句会稲畑汀子先生選 入選句)

 

 ”外は夏内は大正硝子窓” 亜世(第2句会稲畑廣太郎先生選 入選句)

 

 

 そして、ホテルへの途中詠んだ句が第1句会の特々選に選ばれた。

 

 ”日盛の信号もまた赤になり” 亜世(第1句会稲畑廣太郎先生選 特々選)

 

 

Imag0938

 ほして夜は熱海の花火大会。相模湾に面した宿からは、大きく花火も見えた。

 

 ”大花火ボンネットにも踊りたり” 亜世(第2句会稲畑廣太郎先生選および安原葉先生選 入選句)

 

 

 その他入選句

 ”片陰や新幹線の車内にも” 亜世(第1句会稲畑廣太郎先生選 準特選)

 

 ”片陰を求めて泳ぐ鯉もあり” 亜世(第2句会稲畑廣太郎先生選および安原葉先生選 入選句)

 

 ”歩いては熱海てふ名の極暑かな” 亜世(第1句会稲畑汀子先生選 入選句)

 

 ”路地裏の駐車場にも海水著” 亜世(第2句会稲畑汀子先生選 入選句)

Imag0937


 入選ではなかったけれど、自分の中で気に入った句。

 

 ”夏朝陽相模湾をも鏡にし” 亜世

 

 ”炎帝も乗つて異国へ波の頂” 亜世

 

 旅をしながら句を詠む、これからも続く・・・。

 

| | コメント (0)

2013年9月27日 (金)

秋の匂いと『ホトトギス』10月号

 今年はブログもあんまり書けんなぁ。忙しいっちゅうたら言い訳やけど、なんやらバタバタと毎日が過ぎていくげんわ。やることが次から次へと…。

 火曜日は高山へ。夜の高山は宮川沿いを歩けば、ふと金木犀の匂い。


 ”宮川の静まりし夜金木犀” 亜世


 今年一番の秋を感じた夜やってんわ。京都戻ったらまんで暑かったけど(苦笑)。お彼岸終わってもまだ暑さの残る今年の夏やねぇ。


 さて、『ホトトギス』10月号。今回は雑詠2句、天地有情2句の掲載。【掲載ページは、P73/P195】


 ”この道は秋の山まで続くかな” 亜世


 ”啄木鳥の声する森や軽井沢” 亜世


 ”ふるさとの城の跡にも散る紅葉” 亜世


 ”縁側に座りて涼し秋の風” 亜世


 秋の淋しさ、やっぱり好きやわぁ。人間って結局突き詰めると究極の淋しさまでいきつくんやし。


 そうそう、生まれて初めてのマイカーが来週届くげんわ。10月5日の金沢ライブは、真新しい車で帰りまっせ。ライブの準備も順調♪まだお席はあるさけ、是非是非足をお運び下さい。お待ちしとります!!

-----------
【松田亜世ライブ情報・リリース情報等は公式ホームページにて】
 http://homepage1.nifty.com/asei/
-----------
【僧侶ブログ:風来坊主・釋亜世の『陀羅やなぁ。』】
 http://dara.way-nifty.com (2013.6.29 更新)

| | コメント (0)

2013年7月30日 (火)

奈良での句会♪-野分会夏行-

1374888011910  この土日は、1泊2日の野分会(俳句の会)の夏行に行って来てんわ。野分会に入れて頂いたんが、3年前。この夏行は毎年開催されとるんやけど、なかなか参加できんで今回が初めての参加。
 
 今回は奈良での開催。奈良をじっくり歩くんは、久しぶり。暑いやろうと覚悟はしとってんけど、京都よりは涼しかった。
 
Imag06992  ここしらばく、”忙しい”っちゅう言い訳で、じっくり句を詠むことも出来とらんかったんやけど、この旅はじっくりと俳句に向き合うことが出来てんわ。俳句に向き合うっちゅうことは、自然と向き合うことでもあり、自然の中に在るこの身と向き合うことでもあるような気もするし…。まんで楽しい旅やったわぁ。
 
 
 ほして今回の夏行中に詠んだ句は27句。句会は3回あったんやけど、入選句を紹介さしてもらいます。
 
 
 ”外国の言葉枕に昼寝かな” 亜世 【特選】
 
 
 ”堂涼し大仏の手の大宇宙” 亜世 【準特選】
 
 
 ”古を偲びてつきし鐘涼し” 亜世 【入選】
 
 
 ”倉涼し天平の風とほりたる” 亜世 【入選】
 
 

 一般選で取ってもろた句は、
 
 
Imag0700 ”ジリジリと天平礎石焼く盛夏” 亜世
 
 
 ”曼荼羅に描かれし紅蓮や咲く” 亜世
 
 
 ”白き肌日焼て赤しロシア人” 亜世
 
 

 夜は懇親会。今度はギター片手に歌わしてもらいました。 946314_290907254382469_403322584_n
 
 
 <演奏曲>
 1.盂蘭盆会
 2.ひろみ湯
 
 アンコール
 1.上を向いて歩こう
 
 
 歌と僧侶と俳句。僕の中ではしっかりと繋がっとります。そんなことも再確認さしてもろた旅でした。
 
 さぁ、10月の金沢ライブ、年末の東京ライブに向けて精一杯やりまっせ!!
 
 
-----------
【松田亜世ライブ情報・リリース情報等は公式ホームページにて】
 http://homepage1.nifty.com/asei/
-----------
【僧侶ブログ:風来坊主・釋亜世の『陀羅やなぁ。』】
 http://dara.way-nifty.com (2013.6.29 更新)

| | コメント (0)

2013年1月26日 (土)

無事に帰って来ました。

1890359521_208  1月18日早朝、無事に極寒のシベリア、ほしてインドの旅から無事に帰国しました。

 お話したいこともた~んとあっさけ、またゆっくりホームページにもエッセイとして記したいと思とります。


1890359521_64  イルクーツクでのロシアの親友との11年ぶりの再会、ほして念願の凍ったバイカル湖に立ち、スキーやらサウナやら、シベリアのチベット仏教の町・ウランウデやら。


1890359521_16  ほしてまた、インドもまんで良かった!!


 まずは、坊さんブログに『インドの旅 1』をアップしたさけ、読んでってたいね。



-----------
【松田亜世ライブ情報・リリース情報等は公式ホームページにて】
 http://homepage1.nifty.com/asei/
-----------
【僧侶ブログ:風来坊主・釋亜世の『陀羅やなぁ。』】
 http://dara.way-nifty.com (2013.1.26 更新)

| | コメント (0)

2013年1月 7日 (月)

本年も何卒宜しくお願い致します。

1888071328_101  改めまして、明けましておめでとうございます。

 本年も何卒宜しくお願い致します。今年も激動の一年になりそうな予感です。一日一日、大切にしたいと思います。

1888071328_16  そんな僕を京都東本願寺前の高光大船の法語が出迎えてくれました。心がクッキリとなりました。

 さて、明日からシベリアとインドの旅に出掛けます。どんな出遇いが待っているのか、極寒のバイカル湖、そして仏教が見出された場所・インド。

 防寒対策は…、万全の筈です。マイナス40度対応のブーツも買ったし、インナーも登山用の一枚一万円近くするものも入れました。

 ネットの環境はあるようなので、逐次つぶやいて行けたらと思います。(コメントへのお返事はなかなか出来ないかもしれませんが、ご了承下さい。)

 ほしたら、まずは成田空港へ行って来ます。

-----------
【松田亜世ライブ情報・リリース情報等は公式ホームページにて】
 http://homepage1.nifty.com/asei/
-----------
【僧侶ブログ:風来坊主・釋亜世の『陀羅やなぁ。』】
 http://dara.way-nifty.com (2012.8.28 更新)

| | コメント (0)

2012年7月 1日 (日)

興奮のコクーン歌舞伎 『天日坊』 と句会と東京

Imag0201   行って来たぞいね、2009年の『桜姫』以来のコクーン歌舞伎!!去年と一昨年は行けんかったさけ、ちょっと贅沢にも意を決して東京まで観に行ってきてんわ。


 いやぁ、素晴らしかった!!!

 主演が勘三郎さんではなく、息子の勘九郎さん。最初は正直、「ちょっと迫力不足かなぁ。」なんざ、生意気にも思いながらチケットを取ったんやけど、これがいい意味での大誤算。凄かった!勘九郎を襲名して初めて観るこの舞台やってんけど、勘三郎さんが乗り移ったかのような迫力の演技。台詞力。いやぁ、これからも勘九郎さん、楽しみやぞいね。ほれから、『桜姫』の時に感じた七之助さんの魅力が、今回はほれにさらに力を付けた感じ。台詞に力があって、まんで良かったわぁ。素晴らしい女形やねぇ♪兄弟揃って、これからもずーっと追っかけていきたい歌舞伎役者さんやねぇ。


Imag0204  さて、今回の『天日坊』っちゅう作品は、145年ぶりの上演。つまり、近年は上演されることなく、誰~も観たことのない作品を、宮藤官九郎さんが脚本を手掛け、演出はもちろん串田和美さんが手掛けた作品。下座音楽は使わず、エレキギターにパーカッションに、ほしてトランペット。これがまたカッコいいげんわ。「俺は誰だあっ!」っちゅう主題も、これは芸術表現の基本であり神髄やろうこのテーマを真っ正面から力強く描いとって、舞台も黒を主調にしたシンプルな印象で、上手いこと言葉は見つからんけど、力強くカッコよかった。

 座席も前から6列目の花道横の桟敷(座布団)席で、勘九郎さんと中村獅童さんと七之助さんがほんの数十センチのところを横を通るわ、さらには花道でも台詞のやりとりがあっての大迫力。獅童さんのツバなんか飛んでくる程の距離(笑)。まぁしかし、贅沢な時間やったわぁ。

 何遍観ても、串田さんの演出、やっぱり凄いなぁ。もう、大満足やった!!



 コクーン歌舞伎の前には、ちょうど野分会の東京例会(句会)の日やったさけ、1年ぶりに参加さしてもろて、今回は入選2句。


 ”代掻くや風渡りたる加賀平野” 亜世

 ”短夜の赤ちょうちんの灯りかな” 亜世


Imag0202
 翌日は、吉祥寺に寄って井の頭公園を散策(早速、お馴染み赤のボーダーを着た楳図かずお先生とすれ違った(笑))したり(写真はまもなく改築されてしまう”いせや”公園店)、書きかけの新曲の歌詩の2題目(2番)を公園のベンチで書き上げて、お昼は大好物の吉祥寺・ぶぶかの油生卵そば。

Imag0203  ほれから、下北沢の行きつけの洋服屋さんで衣装を3着買うて来てんわ。なかなか良い感じのシャツ!!来月の金沢ワンマンで着るがが、楽しみやわいね。


 さぁ、月は改まって7月。8月には金沢でのワンマンライブも決定しとるし、毎日大事にせんなん。
 
 

 「俺は誰だあっ!」
 
 
 
-----------
【松田亜世ライブ情報・リリース情報等は公式ホームページにて】
 http://homepage1.nifty.com/asei/
-----------
【僧侶ブログ:風来坊主・釋亜世の『陀羅やなぁ。』】
 http://dara.way-nifty.com (2012.6.16 更新)

| | コメント (0)

2012年5月28日 (月)

「はあとライブ」

 昨日までの2泊3日の東京の旅。26日は南浦和まで。いつものラジオの収録と、ほのラジオ番組主催の「はあとライブ」っちゅうイベントに出演して来てんわ。

 朝10時に集合してラジオ収録開始、16時半過ぎまで収録して車で移動。開演は17時半っちゅうから、もうその時点でリハーサルを諦める。っちゅうても、初めての会場、初めての機材でサウンドチェックも出来んのは、あまりに辛いので、出番の前に休憩時間を入れてもろて、ほこでチャッチャとサウンドチェックをすることに。

 結果オーライ。


 演奏曲は...

 1.がんばるまっし
 2.好色男は正直者
 3.盂蘭盆会
 4.ファイト!
 5.ひろみ湯


 ラジオ番組のゲストで、イベントもご一緒した福田こうへいさんは、民謡日本一の実力は民謡・演歌歌手。節って深い世界やなぁと。

 
 バッタバタの一日やったけど、ビールが美味かったんは言うまでもない(笑)。

-----------
【松田亜世ライブ情報・リリース情報等は公式ホームページにて】
 http://homepage1.nifty.com/asei/
-----------
【僧侶ブログ:風来坊主・釋亜世の『陀羅やなぁ。』】
 http://dara.way-nifty.com (2012.5.14 更新)

| | コメント (0)

2012年5月14日 (月)

GWのことやら中島みゆきさんの『歌旅 ~劇場版~』のことやら♪

Imag0160  あれよあれよという間に半月ぶりの日記になってしもた。すんません。

 ゴールデンウィークは、7泊8日の東京・横須賀の旅。落語三昧に始まり、本当に温かい空気に包まれた西荻窪Terraでのワンマンライブ、渋谷で市川亀治郎大博覧会を観に行ったり、ほして横須賀のお寺の落慶法要のお手伝いをさしてもろたり、盛り沢山の日々やったわぁ。

 やっとライブのことを振り返ったりすることが出来とるげんわ。(ライブレポートはもう少々おお待ち下さい。)また、次への想いが高まって来たぞいね。新しい唄も書くぞ♪


Imag0161  そうそう、ゴールデンウィークに行って来た市川亀治郎大博覧会についてちょっこし。博覧会は、出来たてホヤホヤの渋谷ヒカリエを会場に開かれとってんけど、圧巻の「義経千本桜」のドキュメンタリーフィルムの上映やら、さらにはほの「義経千本桜」の”四の切(しのきり)”の舞台セットが再現されとるコーナーがあったり、まんで楽しい内容。舞台セットのコーナーでは、実際に舞台に立つことも出来るげんけど、写真は早替りの場所。歌舞伎って面白い。ほして、新たなことに挑戦する澤瀉屋(おもだかや)の伝統、四代目市川猿之助襲名と、これから目が離せんね。亀治郎さんの生の舞台はまだ観たことないげんけど、この大博覧会でますます実際の歌舞伎の舞台が楽しみになったぞいね。まだちょっこし先やけど、京都・南座での披露公演、楽しみや♪


Imag0171  ほして、時は流れて昨日は中島みゆき『歌旅 ~劇場版~』を茨木のワーナー・マイカル・シネマズに観に行って来てんわ。これは、2007年のコンサートツアーの模様を納めたDVD『歌旅』からコンサートシーンだけを厳選して劇場版にまとめられた作品。みゆきさんのツアーはいつも圧巻なんやけど、殊にあのツアーは凄かった。もちろんDVDも持っとるげんけど、映画館でのコンサート映像、これまた楽しみやってんわ。期待したよりは、音があんまり良くなかったり(ちょっと音量も小さかったし、迫力不足?)はしてんけど、何度聴いてもあのツアーの富倉安生さんのベースから始まる『ファイト!』のアレンジは最高やし、『重き荷を負いて』の物言わせぬ説得力は凄い。

 考えてみるとみゆきさんの唄が凄いんは、「死」をハッキリと自覚した上での唄やからなんじゃなかろうか。『重き荷を負いて』でそれは、「がんばってから死にたいな」とハッキリと表現される。人間の有限性を確かに自覚した上で、それを超えてゆく唄であるから力があるんじゃないだろうか。やっぱり、凄い。2007年のツアーを聞いて、「もう唄を止めよう」と思ったことを思い出した(苦笑)。でも、こうしてやっぱり歌い続けるしかない自分が今いるんです。


 歌いたい!!さぁ、いよいよこれからです。


-----------
【松田亜世ライブ情報・リリース情報等は公式ホームページにて】
 http://homepage1.nifty.com/asei/
-----------
【僧侶ブログ:風来坊主・釋亜世の『陀羅やなぁ。』】
 http://dara.way-nifty.com (2012.5.14 更新)

| | コメント (7)

2012年4月11日 (水)

桜の京都、親子の仕事と自分の名前

Imag0109  わ~、まんで久しぶりの日記になってしもた。すんません。

 Imag0112 何やら色々バタバタしとりまして。そうこうしとる間に、寒かった京都の桜も咲いて、今日の雨で葉桜になろうとしとります。気温も随分暖かくなってきて、一昨日は高瀬川沿いの桜をのんびり眺めて帰ってきたんやけど、これがまたまんで綺麗やってんわ。週末の円山公園の枝垂桜と夕日の写真と共に。

Imag0115  さて、今日は親鸞聖人御旧跡参拝奉仕団っちゅう奉仕団の企画担当チームとして、六角堂→善法院跡→岡崎別院→大谷祖廟→安養寺→知恩院→崇泰院→青蓮院のコースを大型バス2台で回って来てんわ。そこでの僕のお役目は、1号車の案内係。バスガイドも乗っとらんので、バスガイド兼添乗員っちゅうような感じの役割やってんわ。運転席の後ろで、乗客席を向きながらマイクを握る、なかなか楽しかったぞいね。

 ほこでふと思ったんは、親父のこと。僕が生まれた時、親父は旅行会社の添乗員をしとってんね。幼稚園に入った頃に確か違う仕事に転職したさけ、うっすらとしか記憶ないげんけど、「亜世」っちゅう名前は、親父が旅行会社におらんかったら、きっと考え付かんかったやろう名前ねんわ。「亜細亜から世界へ」という意味の「亜世」。

 添乗員と同朋会館の補導っちゅう、まぁ職種は違うし、ほんの一日やってんけど、自分の名前がつけられる切っ掛けになったやろう親父がしとった仕事と同じようなことが出来たんが、なんか嬉しかった。

 ほんな訳で、雨ん中やったけどいい一日やったわ。

-----------
【松田亜世ライブ情報・リリース情報等は公式ホームページにて】
 http://homepage1.nifty.com/asei/
-----------
【僧侶ブログ:風来坊主・釋亜世の『陀羅やなぁ。』】
 http://dara.way-nifty.com (2012.3.5 更新)

| | コメント (0)

2012年3月10日 (土)

春待つ京都

 今日は仕事の合間を見繕って、東本願寺は御影堂前にて行われとった『いのちの響舞台』を観に行って来てんわ。 Imag0072

 ほこで、改めて感じたんが、御影堂の存在感の大きさ。すべての音楽が、それに競べたらなんやら小さく感じてしまう程の圧倒感。いやいや、凄かったわぁ。

Imag0071  50年後、この命あって、さらに声も出たらギター一本で向き合いたいなぁと思ったわ。うん、歌いたい!!


 ほして夜は、京都東山花灯籠に行ってきてんわ。舞妓さんによる踊りを観て、東山界隈を散策。ほしたら、写真みたいに清水のレーザービームと月の競演に出くわしてんわ。

 京都っちゅうたら、住みながらにして観光地みたいなとこあって、面白い♪
-----------
【松田亜世ライブ情報・リリース情報等は公式ホームページにて】
 http://homepage1.nifty.com/asei/外部リンク
-----------
【僧侶ブログ:風来坊主・釋亜世の『陀羅やなぁ。』】
 http://dara.way-nifty.com外部リンク (2012.3.5 更新)

| | コメント (2)

より以前の記事一覧