« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月20日 (木)

マーティンクラブジャパン

Imag0667  高校時代からのメインギターはマーティンD1、ほして昨年4月に買うた今現在のメインギターはマーティンD28(この前ローンが終わったとこ)。ほんなわけで、約18年程松田亜世のメインギターはマーティンねんわ。


 アコースティックギターの音でいえば、やっぱりニール・ヤングのマーティンの音が好きで、好きで。他のメーカーでは、なかなか出ん音。やっぱりいいぞいね、マーティンの音は。これから昨年買うたマーティンを大事に育てて鳴らしていかんなんと思とるげんわ。


Imag0665  ほして、マーティンクラブジャパン【http://www.martinclubjp.com】なるものに入会してんわ。マーティンギターのファンクラブみたいな会ねんけど、昨日会報が送られて来てんわ。

 こんなん見とったら、D35やらD18やら、ほして憬れのD45やら、まんで欲しなるげんけど(苦笑)、まずは今愛する手もとのギターを大事に育ててかんなんね。


 う~、バリーンとマーティン掻き鳴らして思いっきりライブしたい!
 
-----------
【松田亜世ライブ情報・リリース情報等は公式ホームページにて】
 http://homepage1.nifty.com/asei/
-----------
【僧侶ブログ:風来坊主・釋亜世の『陀羅やなぁ。』】
 http://dara.way-nifty.com (2013.4.21 更新)

| | コメント (0)

2013年6月10日 (月)

岡林信康と西川右近の世界♪

Imag0663  昨日は大阪のシアターBRAVA!に『角淳一presents おとなの駄菓子屋スペシャル 岡林信康 meets 西川右近』を観に行ってきてんわ。

 岡林信康さんのライブを観るがは、2010年5月のZepp Tokyo(http://asei.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/zepp-tokyo-babb.html)以来久しぶりやってんわ。


 まずは、お馴染み平野融さんのアコースティックギターとのアコースティック岡林信康。そうそう、座席は下手側の2列目!!前のZeppの時も3列目やったし、岡林さんのライブは席運もいいげんわ(笑)。

 テリーズテリーのアコースティックギターを抱えて登場する、岡林信康!!カッコいい。なんともカッコいい。


 「そこまで言うんや。」っちゅうくらいのMCも絶好調で、楽しいステージが進んでいってんわ。

 ほして、お待ちかねエンヤトットの曲で前半終了。


 仲入り休憩の後は、西川流三世家元・西川右近さんが岡林信康の曲で踊るっちゅう異色のコラボレーション。うちのお袋なんかがやっとる新舞踊の世界に近いイメージっちゅうか、ほんでも時々生演奏のエンヤトット御歌囃子が登場して、それはそれは、ここにしかない世界!!面白かった。


 もう少しゆっくりエンヤトットの音楽と岡林信康のあのボーカルに浸りたい気持ちも残しつつ、コンサートは終了。


 やっぱりね、日本のロック・エンヤトットは、血に染みる感じがするげんわ。前ノリの、しかも揉み手の入る日本独特のリズムでまた歌いたくなる、ほんなコンサートやったぞいね。


 11月にはデビュー45周年で同志社大学でコンサートがあるみたいやし、う~チケット取ろかな…。

 あんな60代になりたい。

-----------
【松田亜世ライブ情報・リリース情報等は公式ホームページにて】
 http://homepage1.nifty.com/asei/
-----------
【僧侶ブログ:風来坊主・釋亜世の『陀羅やなぁ。』】
 http://dara.way-nifty.com (2013.4.21 更新)

| | コメント (2)

2013年6月 2日 (日)

久しぶりの句会

 今日は芦屋まで句会に行ってきてんわ。なかなか都合が合わず、2月以来の久しぶりの句会。今回の兼題は、「空梅雨」と「山梔子の花」。
 
 今日は入選3句。


 ”空梅雨の線路の先の機関車や” 亜世


 ”空梅雨に日も傾きし平野かな” 亜世


 ”見上げれば空梅雨の空迫りくる” 亜世


 7月は1泊で奈良に夏行という俳句の旅にでます。ほの懇親会で歌わしてもらうことにもなっとるさけ、楽しみやわぁ。

-----------
【松田亜世ライブ情報・リリース情報等は公式ホームページにて】
 http://homepage1.nifty.com/asei/
-----------
【僧侶ブログ:風来坊主・釋亜世の『陀羅やなぁ。』】
 http://dara.way-nifty.com (2013.4.21 更新)

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »