« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月30日 (日)

リッキー・リー・ジョーンズ来日♪

Imag0379  28日は、2ヶ月に1度の「アートハート倶楽部」の収録日。朝から新幹線で東京に向かってんわ。当日は、信号系統のトラブルで新幹線が1時間半遅れたり、バタバタのスタート。ほんでもなんとかお昼抜きで収録進めて、ほぼ予定通りの時間に終了。是非ラジオ、聞いて下さいね♪【http://www.artheartclub.com


 ほしてほして、その夜はリッキー・リー・ジョーンズの来日公演2日目。先週、ダメ元でブルーノート東京に電話して、ラッキーにも何とか手に入れた1席!!やっと生のリッキー・リー・ジョーンズに会える♪楽しみで楽しみやったぞいね。

Imag0381  収録も割と早く終わったさけ、まずは整理番号をもらいにブルーノート東京へ。青山辺りは相変わらずオシャレ過ぎて苦手(苦笑)。目的地に一目散に歩く僕(笑)。もらった整理番号は34番。アリーナの自由席のどこかで見れたらいいなぁと思って、時間まで近くの喫茶店でコーヒーを。ブルーノート東京に来るのは、確か学生の時にアフリカのアーティスト、サリフ・ケイタを聞きに来て以来。


 ほして、いよいよ開場時間・・・。

 「番号札34番をお持ちのお客様」

 「来た~っ!!」ウェイトレスさんが席まで案内してくれる。


 「お一人様でしたら、最前列も空いておりますが」


Imag0380  「ウォ~!!!」っと心の中で叫びながら、冷静を装いセンターから一テーブル上手の席に陣取る。リッキー・リー・ジョーンズが使うエフェクターがハッキリと見える。セットリストまで見える。「凄い席やぁ。」とドキドキしながら開演までハイネケンを呑みながら待つ。その距離感たるや、いつも僕がワンマンライブをやらせて頂いとる西荻窪Terraの最前列とステージとほぼ変わらない距離。贅沢な一時が約束された。


 開演時間をちょっと過ぎて、リッキー・リー・ジョーンズのいよいよ登場!!チェロとギター(エレキ、アコギ、時々オルガン)というサポートメンバーと3人によるステージ。

 新しいアルバムが中心のステージになるんかなぁと思っとったら、のっけから大好きな曲『CHUCK E.'S IN LOVE』のイントロが聞こえるやないけ!!僕が生まれた年(1979年)にデビューしたリッキー・リー・ジョーンズのファーストアルバム『浪漫』のオープニング曲。さらにデビュー当初からの名曲揃いのセットリスト!


 ボーカルマイクを外し気味に歌うリッキー。PAを通した音よりもその生声が聞こえてくるという、なんとも贅沢すぎる空間。ピックを使わずフィンガーピッキングでつま弾き、時に激しく叩きつけるテイラーのギターの音もほぼ生音で聞こえる。ある種、部屋の中で唄を聞かせてもらっとるような近さ。


 アンコールの拍手が鳴り止まない中、(10分位は拍手が続いた)それでもアンコールはなく、1時間半弱のステージは、カッコ良く幕を下ろした。来日最終日やったし、「アンコールに出て来てくれるんじゃないけ?」と思ったけど、その潔さがリッキーなのかもしれんねぇ。

 1時間半、短いような気もしとったけど、ゆっくりゆっくり、一曲一曲想いがこもって、リッキー・リー・ジョーンズという存在自体が、もうカッコ良くて、しかもデビュー30数年を迎えてなお、衰えるどころか、深さ一杯の素晴らしさ。


 「ジジイになっても歌おう。」

 それが僕の正直な気持ち。だって、「今」は待ったなしで続いとるんやから。「今」を確かめながらジジイになろう。


 リッキー、あんやとう♪

-----------
【松田亜世ライブ情報・リリース情報等は公式ホームページにて】
 http://homepage1.nifty.com/asei/
-----------
【僧侶ブログ:風来坊主・釋亜世の『陀羅やなぁ。』】
 http://dara.way-nifty.com (2012.8.28 更新)

| | コメント (0)

2012年9月21日 (金)

新井英一 『唄魂』

 Imag0371_2 新井英一さんの新しいアルバム『唄魂』(うただま)が届いてんわ。新井英一さんを知ったんは、筑紫哲也さんの「ニュース23」のエンディングで流れる『清河への道』を聞いたんが最初。まだ生でライブを聞かせて頂いたことはないげんけど、どこかでずっと惹かれとる歌手。

 アルバム『唄魂』を一通り聞き終えて、男性ボーカリストで久しぶりに心をえぐられた。個人的な詩でありながら、人間の普遍性を持つといったらいいんか、一人のシンガーソングライターが歌う唄でありながら、一人のシンガーソングライターを超える、それこそ”魂”を感じた。


 アルバムのブックレットには、次のように記されている。【写真】


”唄の魂が言葉を告げ、メロデイに乗せて、人の心に入ってゆく。
 そこに私はいない、存在は消える、
 新井英一ではなく、唄の魂だけが存在する。
 そんな唄人になりたい、そんなふうに唄いたい、
 魂だけが燃えているように。
 唄の魂とは、歌わずにはいられない、
 限りなく生きる情熱そのものだ・・・。” 新井英一


 唄が声になり、声が唄になり、私が消えてゆくのかもしれないと思った。いや、どこまでも主張して止まない私は決して消え去りなどしない。それでも、そこに向かって歌って生きたいと僕も思う。




 話は変わって、10月号の『ホトトギス』も今日届いてんわ。今回は、雑詠2句、天地有情1句の掲載。【掲載ページは、P76/P266】


 ”人混みと京都タワーと秋の空” 亜世


 ”初紅葉まだ燃えたりぬ一休寺” 亜世


 ”風吹けば紅葉揺れたるハーモニー” 亜世


 まだ実際は秋は遠いような京都の日中やけど・・・(笑)。


-----------
【松田亜世ライブ情報・リリース情報等は公式ホームページにて】
 http://homepage1.nifty.com/asei/
-----------
【僧侶ブログ:風来坊主・釋亜世の『陀羅やなぁ。』】
 http://dara.way-nifty.com (2012.8.28 更新)

| | コメント (0)

2012年9月19日 (水)

リッキー・リー・ジョーンズの新譜と来日♪

 9月ももう後半やっちゅうがに、ジメーっとしとって、また梅雨から夏が訪れるような、ほんなジメジメな毎日やわぁ。なかなか日中は涼しならんねぇ。


 暦の上では秋・・・。

 秋といえば音楽!


Imag0370  今日発売のリッキー・リー・ジョーンズの新しいアルバム『THE DEVIL YOU KNOW』を買うてきてんわ。このアルバムは、全曲カヴァー曲。ローリングストーンズやらニール・ヤングやら、ザ・バンドやら、ロッド・スチュワートやらの楽曲のカヴァー。これがまたカッコいい。ボーカリストとしてのリッキーの魅力、世界観がアルバムに溢れとって、サウンドもシンプルにカッコいい。


 ちょうど来日の日に南浦和にラジオ収録に行っとる予定で、「もう10日切ってしもとるし、さすがにソールドアウトやろうなぁ。」と思いつつもダメ元でブルーノート東京に電話してみたら、ちょうどキャンセルありで1席確保!!初めてのリッキー・リー・ジョーンズのライブが観れることに♪まんで楽しみやぞいね。


 やっぱり唄はいい。


 年末にかけて、10月8日は金沢での法話ライブ、11月30日は京都ワンマン、12月21日は東京ワンマンと、松田亜世も動きまっせ♪

-----------
【松田亜世ライブ情報・リリース情報等は公式ホームページにて】
 http://homepage1.nifty.com/asei/
-----------
【僧侶ブログ:風来坊主・釋亜世の『陀羅やなぁ。』】
 http://dara.way-nifty.com (2012.8.28 更新)

| | コメント (0)

2012年9月15日 (土)

11/30(金)京都での初ワンマンライブ開催決定!!

 9月も半ばやというがに、昼間の暑さはまだ真夏のような京都やわぁ。

 お陰さんで、声も元に戻って、一安心の今日この頃です。軽い気管支喘息やら、肩こりからの頭痛やら、まぁ若干の不調はありながらも、ほのへんは、おいおいと治していこうと。何はともあれ、声が出る有り難さを実感する日々。ありがたい!!


 さて、今年の11月30日(金)、松田亜世京都では初となるワンマンライブの開催が決定しました!!


 烏丸丸太町のスローハンド【http://www.geocities.co.jp/slowkyoto/】というお店です。恐らく19時頃からのスタートとなる予定です。


 詳細は、近日発表いたします。


 ともかく、やっと開催の目途が立った京都でのワンマンライブ、どうぞお楽しみに♪

-----------
【松田亜世ライブ情報・リリース情報等は公式ホームページにて】
 http://homepage1.nifty.com/asei/
-----------
【僧侶ブログ:風来坊主・釋亜世の『陀羅やなぁ。』】
 http://dara.way-nifty.com (2012.8.28 更新)

| | コメント (0)

2012年9月 1日 (土)

田舎者 ~ めんたんぴん そして金沢ライブレポート ~

 9月になったねぇ。しかし、昨日の京都は真夏よりもジメーっと暑かったぞいね。我が家の水道からはぬるま湯がずーっと出続けとったし(苦笑)。


 まずは、8月16日の金沢でのワンマンライブのライブレポートを公式ホームページにアップしたさけ、良かったら是非見てって下さい。【 http://homepage1.nifty.com/asei/

 声は大分出るようになってんけど、まだ歌える程ではないがで、ギターを弾きながらモドカシイ感じは続いとるげんわ。ほんでも、日常会話は不自由なく喋れるがになったさけ、嬉しい限り。


Imag0314  ほして、昨日はアマゾンで注文しとった小松出身のロックバンド・めんたんぴんの『カントリー・ブレックファスト』っちゅうアルバムが届いてんわ。1976年の作品で、ハリウッドレコーディングの作品。のっけからの『始まる場所は』っちゅう歌で「始まる場所は生まれたとこから 始まる場所は育ったとこから」と歌われるげんけど、東京だけではなく地方からのロック、それがなんともカッコいい。やっぱりロックやフォークは都会のもんではない気がする。

 参考までに、めんたんぴんの中心メンバー・佐々木忠平さんの最近のブログの記事『田舎者に栄光有れ!』【http://blog.mentanpin.jp/?eid=954729


 田舎モンの唄、歌わんなんね。フォークを田舎モンの手に返す。


「親鸞を生き返らせて下さい。法然を、蓮如を、もう一度、この世に生き返らせて下さい。それがフォーク者の務めです。リ・メイクするのです。」

 昨年、忠平さんから戴いた手紙にはそう書いてあった。

-----------
【松田亜世ライブ情報・リリース情報等は公式ホームページにて】
 http://homepage1.nifty.com/asei/
-----------
【僧侶ブログ:風来坊主・釋亜世の『陀羅やなぁ。』】
 http://dara.way-nifty.com (2012.8.28 更新)

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »