« 新曲 『0』 と 『ホトトギス』4月号 | トップページ | 詩も変遷 »

2012年4月11日 (水)

桜の京都、親子の仕事と自分の名前

Imag0109  わ~、まんで久しぶりの日記になってしもた。すんません。

 Imag0112 何やら色々バタバタしとりまして。そうこうしとる間に、寒かった京都の桜も咲いて、今日の雨で葉桜になろうとしとります。気温も随分暖かくなってきて、一昨日は高瀬川沿いの桜をのんびり眺めて帰ってきたんやけど、これがまたまんで綺麗やってんわ。週末の円山公園の枝垂桜と夕日の写真と共に。

Imag0115  さて、今日は親鸞聖人御旧跡参拝奉仕団っちゅう奉仕団の企画担当チームとして、六角堂→善法院跡→岡崎別院→大谷祖廟→安養寺→知恩院→崇泰院→青蓮院のコースを大型バス2台で回って来てんわ。そこでの僕のお役目は、1号車の案内係。バスガイドも乗っとらんので、バスガイド兼添乗員っちゅうような感じの役割やってんわ。運転席の後ろで、乗客席を向きながらマイクを握る、なかなか楽しかったぞいね。

 ほこでふと思ったんは、親父のこと。僕が生まれた時、親父は旅行会社の添乗員をしとってんね。幼稚園に入った頃に確か違う仕事に転職したさけ、うっすらとしか記憶ないげんけど、「亜世」っちゅう名前は、親父が旅行会社におらんかったら、きっと考え付かんかったやろう名前ねんわ。「亜細亜から世界へ」という意味の「亜世」。

 添乗員と同朋会館の補導っちゅう、まぁ職種は違うし、ほんの一日やってんけど、自分の名前がつけられる切っ掛けになったやろう親父がしとった仕事と同じようなことが出来たんが、なんか嬉しかった。

 ほんな訳で、雨ん中やったけどいい一日やったわ。

-----------
【松田亜世ライブ情報・リリース情報等は公式ホームページにて】
 http://homepage1.nifty.com/asei/
-----------
【僧侶ブログ:風来坊主・釋亜世の『陀羅やなぁ。』】
 http://dara.way-nifty.com (2012.3.5 更新)

|

« 新曲 『0』 と 『ホトトギス』4月号 | トップページ | 詩も変遷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新曲 『0』 と 『ホトトギス』4月号 | トップページ | 詩も変遷 »