« 新曲はコーヒーブレイク的に | トップページ | JA松任 »

2010年1月17日 (日)

初の九段会館

 昨日はギタリストの坂元昭二さんにお誘い頂いて、元ふきのとうの細坪基佳さんのコンサート『Nature of Year 2010』を観に九段会館に行って来てんわ。

 実は、細坪さんのコンサートを拝見するのも初めてなら、九段会館でコンサートを観るのも初めて。歴史あるだけあって、建物自体にも存在感があって良い感じ。ナッシュビルのライマン公会堂とまではいかんまでも、日本のコンサートホールの中では、歴史と存在感抜群の会場なんじゃないやろうか。しっかし、座席はガンコ狭かったけど(笑)。


 開演前には坂元さんに伴って、楽屋で細坪さんにも直接ご挨拶さしてもろてんわ。「(僕に向かって)ギター弾きながら歌うの?今日は俺、ギター弾かないから。」と声を掛けて下さり、実際昨日のステージの前半はピアノとチェロ、バイオリンをバックに細坪さんが歌うといった嗜好。さらに楽屋には、NSPの中村さんと平賀さん、ほして写真家のたむじんこと田村仁さんもいらっしゃった。たむじんさんといえば、中島みゆきさんや吉田拓郎さん、さだまさしさんといった蒼々たる面々の写真を撮り続けられてらっしゃる方。ほんの数分、同じ空気感の中にいられたことだけでも幸せな感じやった(笑)。


 コンサートは、ダブルアンコール含めると3時間を越えとった。細坪さんのトークがまた面白い!!だからこそ、3時間を越えても「まだ聴きたい。」と思わせるんやろうなぁ。

 途中からは、細坪さんもギターを持ち、『白い冬』や『風来坊』といった名曲も演奏。ニール・ヤングっぽい『白い冬』のギターはやっぱり好きやなぁ。さらにステージ上に、NSPの中村さんと平賀さんが加わりNSPの名曲『夕暮れ時はさびしそう』をカヴァー。中学時代にBSフォークソング大全集で聴いとったこの曲が甦る。

 ”フォークっていいなぁ”と改めて再認識した一夜やったわぁ。ダブルアンコールの最後は『夢に逢えるまで』。

 今も現在進行形であるフォークがそこにあった。

--------------
【松田亜世ライブ情報は↓】
 http://homepage1.nifty.com/asei/katsudoujyouhou.htm
--------------
【松田亜世リリース情報等は↓】
http://homepage1.nifty.com/asei/
-------------------------------------------------
◎Newアルバム『おかえり』好評発売中!!◎
→ MySpace(http://www.myspace.com/asei)にて試聴可♪
【通信販売については・・・http://homepage1.nifty.com/asei/mail-order.html
-------------------------------------------------
◎ミニアルバム『がんばるまっし』
   /シングル『想ひ出雪』全国発売中!!◎

|

« 新曲はコーヒーブレイク的に | トップページ | JA松任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新曲はコーヒーブレイク的に | トップページ | JA松任 »