« 好評放送中♪ | トップページ | 首相も好き?ボブ・ディラン »

2008年6月28日 (土)

新曲と裏から観るコクーン歌舞伎!!

080628_18520001  昨日一気に新曲が書き上がってんわ。6月も無事1曲完成。なかなかいいペースで曲づくりも出来とるがは嬉しい限り。タイトルは『風待ち唄』。う~ん、この混沌とした時代に向けての応援歌っちゅうたら何やけど、ほんな意味合いの歌かもしれんわ。珍しく転調するげん♪転調するっちゅうことは、カポ使えんさけ、転調後のアコースティックギターのコードがややこしくなるっちゅうことで要練習(笑)。頑張ります。

 ほんで曲の清書もして、さぁ気分良ぉ出かけっかっちゅうことで、渋谷へ向こてんわ。目的地・シアターコクーン”裏口”(笑)。

 先週の火曜日に観て、未だ興奮冷めやらん『夏祭浪花鑑』のラストシーンに裏から参加する為に。舞台の休憩中くらいに搬入口に着いた時はなんと一番乗り!!気合い入っとるやろ?

 ほしたらちょうど泥から上がった笹野高史さんが楽屋に入って行くがが見えたりしてテンション上がったわ♪(写真は、恐らく笹野さんの泥を落としたと思われる子ども用ゴムプールを片付けるスタッフ。奥には休憩中の舞台の定式幕が見える。)この頃からポツリポツリ人が集まりだして、さぁ、いよいよベルリンの壁を乗り越えて団七役の勘三郎さんと徳兵衛役の橋之助さんが舞台からこっちに向かって走ってくる!!鳥肌がゾワーッと立つ。

 完全に団七が乗り移った勘三郎さんが渋谷の裏路地の歩道まで刀を抜いて飛び出る!!!こっりゃ、凄い舞台やわ。最高♪何っちゅう凄い演出をしたもんやろうと串田和美さんに心から拍手と思っとった矢先、カーテンコールでは、なんと僕ら沿道のギャラリーを駆け抜けて串田さんご本人が舞台に向かって走って登場。もうね、なんとも不思議な空間ねんけど、恐らくこれ以上面白い『夏祭浪花鑑』はないやろうし、これ以上傾いとるお芝居もないし、まさしく”これぞ歌舞伎!”なんじゃなかろうか。

 カーテンコールでは、舞台の役者さんもこっちに向かって(ワシらタダ観なんに(笑))手も振ってくれる。琴浦役の芝のぶさん、やっぱり今日も美しかったわぁ。板東彌十郎さんも渋くてカッコ良かったし、まぁやっぱり何より勘三郎さんの役者オーラはもの凄いわ。この役者さんと同時代に生まれることが出来て良かったと、本気で思ったわ。

 いやいや、火曜日は桟敷席から、ほして今日は搬入口から満喫した串田版『夏祭浪花鑑』。もう既に世界に通用しとるお芝居やけど、世界に誇れる現代日本の最高峰のエンターテイメントやと思うわ。明日は千秋楽、観には行けんけど心から心から拍手を送ろうと思うげんわ。素敵なお芝居をあんやとう!!

-------------------------------------------------

★☆★ YouTubeにて好評放送中!! ★☆★
 急いで観に行くまっし♪

 ◎Web番組『やっきねーぞいや石川県人会』
  ドンヨリ灰色のベールを脱いで遂に第1話公開!
   →http://choklog.jp/ishikawa/

|

« 好評放送中♪ | トップページ | 首相も好き?ボブ・ディラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 好評放送中♪ | トップページ | 首相も好き?ボブ・ディラン »