« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月28日 (土)

新曲と裏から観るコクーン歌舞伎!!

080628_18520001  昨日一気に新曲が書き上がってんわ。6月も無事1曲完成。なかなかいいペースで曲づくりも出来とるがは嬉しい限り。タイトルは『風待ち唄』。う~ん、この混沌とした時代に向けての応援歌っちゅうたら何やけど、ほんな意味合いの歌かもしれんわ。珍しく転調するげん♪転調するっちゅうことは、カポ使えんさけ、転調後のアコースティックギターのコードがややこしくなるっちゅうことで要練習(笑)。頑張ります。

 ほんで曲の清書もして、さぁ気分良ぉ出かけっかっちゅうことで、渋谷へ向こてんわ。目的地・シアターコクーン”裏口”(笑)。

 先週の火曜日に観て、未だ興奮冷めやらん『夏祭浪花鑑』のラストシーンに裏から参加する為に。舞台の休憩中くらいに搬入口に着いた時はなんと一番乗り!!気合い入っとるやろ?

 ほしたらちょうど泥から上がった笹野高史さんが楽屋に入って行くがが見えたりしてテンション上がったわ♪(写真は、恐らく笹野さんの泥を落としたと思われる子ども用ゴムプールを片付けるスタッフ。奥には休憩中の舞台の定式幕が見える。)この頃からポツリポツリ人が集まりだして、さぁ、いよいよベルリンの壁を乗り越えて団七役の勘三郎さんと徳兵衛役の橋之助さんが舞台からこっちに向かって走ってくる!!鳥肌がゾワーッと立つ。

 完全に団七が乗り移った勘三郎さんが渋谷の裏路地の歩道まで刀を抜いて飛び出る!!!こっりゃ、凄い舞台やわ。最高♪何っちゅう凄い演出をしたもんやろうと串田和美さんに心から拍手と思っとった矢先、カーテンコールでは、なんと僕ら沿道のギャラリーを駆け抜けて串田さんご本人が舞台に向かって走って登場。もうね、なんとも不思議な空間ねんけど、恐らくこれ以上面白い『夏祭浪花鑑』はないやろうし、これ以上傾いとるお芝居もないし、まさしく”これぞ歌舞伎!”なんじゃなかろうか。

 カーテンコールでは、舞台の役者さんもこっちに向かって(ワシらタダ観なんに(笑))手も振ってくれる。琴浦役の芝のぶさん、やっぱり今日も美しかったわぁ。板東彌十郎さんも渋くてカッコ良かったし、まぁやっぱり何より勘三郎さんの役者オーラはもの凄いわ。この役者さんと同時代に生まれることが出来て良かったと、本気で思ったわ。

 いやいや、火曜日は桟敷席から、ほして今日は搬入口から満喫した串田版『夏祭浪花鑑』。もう既に世界に通用しとるお芝居やけど、世界に誇れる現代日本の最高峰のエンターテイメントやと思うわ。明日は千秋楽、観には行けんけど心から心から拍手を送ろうと思うげんわ。素敵なお芝居をあんやとう!!

-------------------------------------------------

★☆★ YouTubeにて好評放送中!! ★☆★
 急いで観に行くまっし♪

 ◎Web番組『やっきねーぞいや石川県人会』
  ドンヨリ灰色のベールを脱いで遂に第1話公開!
   →http://choklog.jp/ishikawa/

| | コメント (0)

2008年6月27日 (金)

好評放送中♪

 今週の水曜日から放送(公開)開始になった『やっきねーぞいや石川県人会』第1話(http://choklog.jp/ishikawa/ )、もう観てもらえたけ?是非是非観てって♪

 これを観て、梅雨のジメジメ「やっきねー」を笑い飛ばしてもらえたらいいげんけど(笑)。

 東京の今日は梅雨の晴れ間の一日、今新曲書き始めたとこねんわ。さぁ、頑張っぞ。

 ほしたらまた!

| | コメント (0)

2008年6月26日 (木)

白鳥、吉祥寺に舞い降りる♪-吉祥寺寄席-

 いや~、昨日のコクーン歌舞伎の興奮冷めやらん一日やったけど、今日は吉祥寺に新潟から飛んできた白鳥が舞い降りるっちゅうことで、夜は吉祥寺の安養寺っちゅうお寺さんへ行って来てんわ。

 「白鳥?白鳥ってあの白い?」

 いやいや、緑の羽の(だって、着物の袂がもう羽の形ねんもん(笑)。いやこれホント!紋は白鳥やし、師匠のワッペン着物を見事に継承。)三遊亭白鳥師匠!!円丈師匠のお弟子さんで、ず~っと生で聴きたい聴きたいと思っとった噺家さんやってんけど、なんとなんと吉祥寺にやってくるっちゅうことで嬉しい限り。

 新作と古典を2席やるっちゅうことでこれまた楽しみ!一席目は、新作落語『戦えおばさん部隊』でまずはドッカン笑わしてもろたわ。

 ほんで、ゲストは活弁士さん。お恥ずかしい話やけど、「活弁士って何やったっけ?」と頭ん中クエスチョンマークで一杯やってんけど、無声映画の台詞をつける人のことねんね。「なるほど!」っちゅうて思いながらの活弁士・澤登翠(さわとみどり)さんの舞台やってんけど、これまた面白かってんて♪

 一人で映画の説明からナレーション、ほして何人もの登場人物の台詞までたった一人でこなすげんけど、これが映像とピッタリ来る技術、ほして落語にも通じる、実際に声優さん何人も使こて今で言う吹き替えみたいながにするよりもよっぽど拡がる映画の世界。う~ん新たな発見やったわ。やっぱり人間の想像力っちゅうたら面白いわ。

 想像することに貧しくなってしもた現代に、新たな無声映画の世界を創り出したら面白いがんないかなぁと思ったぞいね。

 さぁ、中入りを挟んでは白鳥師匠の古典落語。「演目は何やろな?」っゆうてワクワクやってんけど、『火焔太鼓』(かえんだいこ)!しかもただの『火焔太鼓』じゃなしに『白鳥版火焔太鼓』。「お~、キタなぁ。いいなぁ。」と思いながら、期待通りの熱演やったわ。

 これまで生で聴いた圓蔵師匠やら権太楼師匠やらの『火焔太鼓』(余談やけど、この前古今亭志ん朝師匠の演じとった『火焔太鼓』をテレビで観とってんけど、志ん朝師匠の演技力っちゅたらすごいなぁと思ったんが記憶に新しいわ。)とは、ひと味もふた味も違うもんやけど、古典を継承しつつ新たな演出を加える、まさしく昨日観たコクーン歌舞伎の世界と相通じるもんがあるなぁと思って妙に納得したぞいね。

 継承と創造、やっぱり芸の世界っちゅうたら面白いわ!!フォークも継承と創造やろうね♪

-------------------------------------------------

★☆★ Web番組放送開始!! ★☆★
    ~急いで観に行くまっし♪~

 ◎Web番組『やっきねーぞいや石川県人会』
  ドンヨリ灰色のベールを脱いで遂に6月25日(水)、第1話公開!
   →http://choklog.jp/ishikawa/

| | コメント (0)

2008年6月25日 (水)

祭りや、祭り!!-コクーン歌舞伎『夏祭浪花鑑』-

 行って来たぞいね、行って来たぞいね!毎年の楽しみ、コクーン歌舞伎♪今年は、『夏祭浪花鑑』。通い始めて3年目4回目(『東海道四谷怪談』は北番南番両方体験)のコクーン歌舞伎。

 <注意!こっからは、ちょっこしネタバレも入っとるさけ、お芝居を楽しみにされとる方は注意してたいね♪>

 いや~、はじめての桟敷席でガンコ楽しみやったし、開場の30分前に文化村に着いてウロウロ。役者名が染め抜かれたノボリが今年は立っとらんくてちょっと淋しかったり・・・。

 ほんでも開場と同時にロビーから客席から祭りの様相。串田和美さん演出のお芝居ってもう開場した時から始まっとるモンがほとんどやし、開場時間に行くがが鉄則ねんけどね。客席には既に太鼓の音が鳴り響いとって、ちょうど席はほの太鼓やら下座さん(お囃子)が入っとる黒御簾(くろみす)の真ん前、ちょうど前から6列目やったし、舞台もまんで近い!!

 ザワザワと役者さんが客席の合間を縫って登場。ちょうど隅っこで横が通路やったさけ、早速「暑いですね~。煽ぎましょうか?」っちゅうて役者さんに絡まれる(笑)。まぁ、ほれが楽しみのコクーン歌舞伎の桟敷席ねんけど、一気に客席を舞台の一つにしてしまうがはさすが。

 見所は数あるげんけど、琴浦役の中村芝のぶさんの綺麗なこと!確か福助さん主役のお芝居で芝のぶさんの女形を観て、ちょっこし興味を持っとってんけど、やっぱり注目やったね。今回琴浦は中村七之助さんとダブルキャストねんけど、女っぽい琴浦は芝のぶさんが似合っとるような気がするさけ、ほれを観れてラッキー!!

 もちろん、コクーン歌舞伎の『夏祭浪花鑑』といえば、本物の泥を使った有名な”長町裏の場”。圧巻やったんが、暗から明への転換。音で言うと”ギューッとなってドカン!”っちゅう感じかね(笑)。暗いところから明るいところへの転換っちゅう、実にシンプルなことねんけど、これがドンピシャ、ズドーンっと「これしかない!」っちゅうタイミングで合った時の心の揺さぶりっちゅうたら圧巻やね。これ以上の演出はないわ。しかも、ロウソクの光に照らされたおどろおどろしいシーンから一気に祭りの明へ。このタイミングがこのお芝居のすべての鍵っちゅうてもいいかもしれん。凄かった!!

080624_23470001 エンディングもね、ニューヨーク公演やら海外公演で出てきたようにパトカーが登場したり、なんともエキサイティングな演出。スタンディングオベーション鳴り止まんかったわ。

 写真は、パンフレットで芝のぶさん他、役者さんの写真の背景に写っとった我らが加賀の菊酒・万歳楽!なんで写っとるがかはわからんけど、妙に嬉しぃなったわいね(笑)。撮影地は、築地波除稲荷神社らしい。今度行ってみんなん♪

 さぁほして、いよいよ松田亜世がメインパーソナリティーをやらせてもろとるWeb番組『やっきねーぞいや石川県人会』いよいよ放送開始やわ。(↓) 

 いんぎら~っと長ご~なって観まっし!!

-------------------------------------------------

★☆★ Web番組放送開始!! ★☆★
    ~急いで観に行くまっし♪~

 ◎Web番組『やっきねーぞいや石川県人会』
  ドンヨリ灰色のベールを脱いで遂に6月25日(水)、第1話公開!
   →http://choklog.jp/ishikawa/

| | コメント (0)

2008年6月23日 (月)

遂に明後日番組公開!!

Ishikawakenjinkai  前からちらっとお知らせしとるWeb番組、『やっきねーぞいや石川県人会』ねんけど、遂にドンヨリ灰色のベールを脱いでいよいよ明後日(6/25(水))公開やぞいね!

  まずは第1話からの公開やさけ、お楽しみに!今後は隔週で順次第2話、第3話っちゅうて続いていく予定やさけ、『やっきねーぞいや石川県人会』ブログ(http://choklog.jp/ishikawa/)もチェックしとくまっし♪

 
 ”見逃したらダチャカンげんぞ~!”

 っちゅう訳で宜しく頼んわ。明日は毎年楽しみにしとるコクーン歌舞伎!!泥が飛んでくるっちゅう噂の『夏祭浪花鑑』。いや~、楽しみやぞいね。

| | コメント (0)

2008年6月22日 (日)

なんかループ・・・。

 「鼠先輩って何?」

 っちゅうて最初は思っとったけど、一回聴くとヤバイ。「ポッポポポッポ」って、将来期待の小朝師匠のお弟子さん、春風亭ぽっぽちゃんを連想したりもするげんけど(笑)。

 ”ギロッポン”気になる。でも六本木は好きじゃないげんけど。

 なんやろ?、あのメロディーと声とキャラクター?う~ん、とにかくふとした瞬間に頭を巡る「ポッポポポッポ」のループ(苦笑)。

| | コメント (0)

2008年6月21日 (土)

足を褒められる?

080621_16570001_2 今日は何とも梅雨らしい湿気の一日やねぇ。夏になると、普段は裸足に雪駄スタイルになるげんけど、今日もほのカッコで昼飯食べて吉祥寺をプラプラしとってんわ。

 西友で買い物して、エスカレーターを上がっとる時に、後ろから上って来た恐らく吉祥寺のどこかの居酒屋のマスターと思われる風貌のおじさんに「綺麗な足だね~。男にしては、ホントに綺麗な足!」っちゅうて褒められ(?)てんわ(笑)。いきなりやったしビックリしたけど、「いやいや、どうも。」っちゅうてご挨拶(笑)。

 ほういや、数年前に写真のロケで下駄を履いた時、カメラマンにも「足の指が綺麗や。」っちゅうて言われてんた。う~ん、早速携帯で写真撮ってみたけど、どうやろ?あんまわからんね(笑)。

 まぁほんでもこれを武器に(?)、”雪駄、下駄モデルのお仕事承ります♪”

| | コメント (0)

2008年6月20日 (金)

夏を乗り切れタイガース

 野球の北京オリンピック代表候補39人が選ばれたっちゅうニュースやけども、我らがタイガースからは、39矢野、球児、新井、赤星、岩田、久保田の6人が選出されてんて。これにジェフがオーストラリア代表にでも選ばれようもんなら、かなりの戦力流出・・・。

 毎年毎年の死のロードもあるし、夏を無事に乗り切れタイガース!!

| | コメント (0)

2008年6月19日 (木)

桜桃忌-太宰治の生きた街-

080619_15420001  今日、6月19日は桜桃忌(おうとうき)っちゅうて、太宰治の誕生日でもあり、玉川上水に身を投げた太宰治と愛人・山崎富栄の遺体が発見された日にちなんで、太宰治を偲ぶ日っちゅうことになっとるらしいげんわ。

 今でこそ、玉川上水はほとんど水も流れとらんくて、太宰が入水自殺を謀ったっちゅうがはにわかに信じがたいげんけど、ほの昔はもの凄い水量やってんと。

 ほの玉川上水は我が家から歩いて数分のとこで、緑も豊かやし最近はジョギングコースの一部にしとるげんけど、さらに三鷹駅に行くと今年3月に出来た”太宰治文学サロン”があるげんね。まだ行ったことなかったし、夕方ちょっこし時間が出来たさけ、「ほんなら散歩にでも出るかいね。」っちゅうて雪駄を引っかけて太宰治文学サロンへ初めて行ってみてんわ。さすがに桜桃忌っちゅうこともあって、サロンへ向かう玉川上水沿いの道も太宰ファンの人らがよ~歩いとって、文学サロンも結構な人出やったわ。

 文学サロンに飾ってあった着物を着た太宰治の写真、まんでかっこいかったぞいね!!憬れの姿やわ。

 太宰が暮らしとった時代の三鷹は、中島飛行機やら軍需産業で賑わっとったらしく、そういえば死んだじいちゃんもその頃、この辺の中島飛行機に配属されとったことを思い出して、太宰と同じ空気を吸っとったんかと思うとなんやら不思議な気もしたぞいね。

 ほんで、折角やし禅林寺まで歩いてお墓参りもさしてもらおうと思て、禅林寺までプラプラと。禅林寺も予想通りた~んと人が出とって、お供えのお酒やら花やらサクランボやらで一杯やったわ。

 三鷹の風を吸いながら、久しぶりに太宰治の作品を読んでみたなったぞいね。

| | コメント (0)

2008年6月18日 (水)

ライブレポート更新と志ん朝師匠の落語

 先週土曜日に西荻窪Terraであったワンマンライブのライブレポートを公式ホームページ【http://homepage1.nifty.com/asei/】の「ライブレポート」にアップしたさけ、是非是非読んでたいね。

 ほのライブ翌日の早朝にTBSテレビで放送されとった「落語研究会」・古今亭志ん朝師匠の『火焔太鼓』をビデオで観てんわ。いや~、志ん朝師匠の落語、CDでは聴いたことがあるげんけど、映像で観るがは実は初めてで、30代の高座やっちゅうけど、ホントもの凄い表現力に圧倒されたわいね。『火焔太鼓』は、権太楼師匠や、橘家圓蔵師匠で生で聴いたことあるけど、志ん朝師匠ならではの味っちゅうかテンポっちゅうか、まさしく表現力、こっれが凄いなぁと思ってんわ。何ともいい表情で演じられとるしね。

 もう少し早よ落語に出会っとったら、志ん朝師匠の生の高座にも間にあったがに・・・、と思たら非常に残念!!是非とも生でお聴きしたかったぞいね。

 もう残された映像やら録音でしか聴くことが出来んけど、また色々聴いてみたいと思うげんわ。

| | コメント (0)

2008年6月16日 (月)

お陰さんで大盛況のワンマンライブ♪

080614_22400001 土曜日は恒例西荻窪Terraでのワンマンライブ。お陰さんで大盛況の満員御礼の中、バイオリンの多ヶ谷さんも迎えてお届けすることができてんわ。ご来場の皆さんに心から感謝します。あんやとうございました!!

 公式ホームページ(http://homepage1.nifty.com/asei/)には早速当日の演奏曲目と感想の声(ファンの声)をアップしてんけど、ライブレポートも近日アップするさけ、お楽しみにしとって下さい。

080614_22410001

 写真は、本人の知らんとこで最近Terraで人気(?)の”お絵かき亜世コケシ”と”キーホルダー(?)”らしい(笑)。 

 ボトル棚のどこかに置いてあるらしいさけ、Terraにお越しの際は是非可愛がってやって下さい(笑)。

 ライブ翌日の昨日は、チューリップのベース・宮城伸一郎さんのライブを観に舞浜の「Club IKSPIARI」へ。宮城さんのオリジナル、チューリップの名曲の数々や隠れた名曲、存分に楽しまして頂きました。ゲストの佐藤晃さんのギターもカッコ良かった!あんな40代、50代になりたいわぁ。帰りには楽屋にお邪魔してご挨拶。とっても気さくで素敵な方々ねんわ。

 ほして帰りは東京駅で途中下車。この前行った小さん師匠ゆかりの名店お好み焼きの”にしむら”の支店が東京駅キッチンストリートにあるがを思い出して、無性にお好み焼きと明石焼が食べたぁなって閉店ぎりぎり滑り込み。いやぁ、いい音楽聴いて美味い飯、最高やね。

 宮城さんのライブもお客さんの笑顔が印象的やったわぁ。こうやって長年やってこられとる先輩方のライブ、お客さんの顔がすべてを物語っとるね。”お客さんが楽しそう”、ほれがまず一番やね!

| | コメント (0)

2008年6月13日 (金)

明日のライブ

 さぁ、いよいよ明日は西荻窪Terraでのワンマンライブの日やわ。

 お陰さんで、沢山のご予約を頂いとって、ほぼ満席状態です。席が残り補助席数席といった感じなので、ご予約を頂いていないお客様は、明日の会場の状況にもよりますが、もしかしたらお立ち見になってしまうかもしれませんことをご了承下さい。最終的な予約状況(お座りになれるかどうか)は、明日お店に直接電話で(西荻窪Terra:03-3395-7611)ご確認下さい。(6月13日19時半現在までにご予約頂いてる方のお席は確保してございます。)

080612_16590001  ちなみに、昨日の西武ドーム阪神戦は負けてしもてんわ・・・。写真は試合開始前、交流戦(阪神戦)限定弁当。

 う~、悔しい!!まぁ、兄貴のホームランを観られたから、良しとするかいね。

 まぁ、ほういう訳で明日は頑張るぞいね♪昨日はバイオリンとリハーサルしとってんけど、凄くいい感じに入るし、お楽しみに!!

 ご来場、お待ちしとります。

| | コメント (0)

2008年6月12日 (木)

『歌旅』とタイガース

 昨年大感動やった中島みゆきさんのツアー(http://asei.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_db50.html)を収録したDVD『歌旅-中島みゆきコンサートツアー2007-』が発売になってんわ。

 今朝すぐに一通り観てんけど、いやいや、映像でも泣いてしもたわ。あの感動がほのままっちゅうか、映像としてまた別の魅力をもって迫ってきて・・・。歌う時の表情、声色、どれをとっても圧倒される存在感。やっぱりみゆきさんはガンコ素敵やわ。

 まるで映画のようなライブDVDで、エンドロールでお客さんの表情も流れるげんけど、ほれが全てを物語っとるわ。笑顔と涙、いいもん観たあとにはこのどっちかっちゅうことになるげんろうなぁ。

 笑顔と涙を届けられる歌い手になりたいと思ったぞいね。

 さぁ、土曜日のライブに向けて気持ちも高まってきたわ。お陰さんでご予約も順調に頂いとってお席は残りあと僅かやさけ、ご注意を♪

080611_16120001  ほんで今日は更に気持ちを高めるために西武ドームへ阪神の応援にも行ってきてんわ。いやいや、いい試合で勝利!!高らかと『六甲颪』を歌とてきたぞいね。

 明日はバイオリンとライブのリハやって、その足で再び西武ドームへ(笑)。しっかりリハーサルして、どっぷり応援して、気持ちいいがにライブに臨もっと♪

| | コメント (0)

2008年6月11日 (水)

男の約束 in のんべい横町

080610_23410001

 写真は渋谷の一角。ハチ公からほんの徒歩2、3分のとこ、若者の街(?)渋谷の喧騒の中、突如として現れる”のんべい横丁”。

 ちょうど1ヶ月程前、カメラマンの友達らと偶然入ったんがこののんべい横丁の”蓮”っちゅうお店。ママさんが金沢生まれっちゅうこともあって、初めてながら不思議と盛り上がっとってんわ。 7人も座れば一杯の店ねんけど、偶然その場においでた某有名企業の監査役のお二人とも話し込んで、「今度は来月10日にこの店来るから、また会おう!!」っちゅうことになって・・・。 

 ほして、やってきました!約束の6月10日。下駄を鳴らした幼なじみのカメラマンと、ほの後輩イケメンアシスタント、ほしてオイラの3人でのれんをくぐるとお二人の顔が!!いや~、男の約束っちゅうことやね♪しっかりと手帳に記入して下さっとったみたいで、何とも嬉しかったぞいね。

 酒を飲んで、締めにはこのお店名物”氷見のざるうどん”!!渋谷で氷見のざるうどんが食えるなんざ、これまた嬉してね(笑)。いやいや、いいお酒やったわぁ。

| | コメント (0)

2008年6月10日 (火)

弦ちゃんリサイタル下見

080609_18180001  土砂降りの夕方、まさしくバケツをひっくり返したような雨やったわ。いや~、参った。

 ほんな雨の中、中野駅で中津川弦ちゃんと待ち合わせ。8月24日にある中津川弦リサイタル(松田亜世もゲストで出演。詳細は・・・http://homepage1.nifty.com/asei/から)の会場の下見に行って来てんわ。普段は舞踏の公演に使われとる小屋らしいげんけど、芝居の稽古場のような雰囲気で、なかなか面白いがになるがんないかなと。(写真は弦ちゃん♪)

 上の階がアパートになっとるらしく、大きな音は出せんっちゅうことで、今回はマイクなしの完全アンプラグドで歌うことになったさけ、ある意味貴重な舞台になりそうやわ。ゲストには他に漫才師のロケット団さんやチャーリー東京さん。木戸銭も500円と格安!!こっりゃ、是非是非スケジュール空けて観に来まっし♪

 あっ、今週末14日土曜日の松田亜世ワンマンライブもお忘れなく!!(ご予約待っとるさけね♪)

| | コメント (0)

2008年6月 8日 (日)

この国の”いのち”は・・・。

 この国の”いのち”はいったいどこへ行ってしまうんやろう・・・。

 「生きること」と人間が「死ぬ」っちゅうことの区別さえ付けられんがになってしもてからに。

 教育よ、そしてそれを操る政治よ、痛烈なる反省をせんかい!さらには、教育者に政治家に責任を都合の良いように押しつけ、本来被害者も加害者をも守るべき家族、地域、そして友情、愛情・・・、人間が人間であるための大事なものをひとつまたひとつと、”こんな時代”、”こんな社会”に埋没せしめたる何モノかを放置した我々の心にもう一度問いかけてみたい。

 いのち、命、生命(いのち)を語れ!!

| | コメント (0)

2008年6月 7日 (土)

先代小さん師匠の明石焼

 昨日は、銀座にある先代柳家小さん師匠行きつけだった”にしむら”(http://r.gnavi.co.jp/g865801/)っちゅうお好み焼き屋さんへ連れてってもろてんわ。

 このお店が池袋にあったときに常連やった小さん師匠の『汁ものがないね』の一言でメニューに加わった明石焼のエピソードが有名らしいげんけど、店ののれんの文字も小さん師匠が書いたもんやとか。

 関西風のお好み焼きにオムそば、ほして最後に明石焼・・・う~ん美味い!!!いやいや、まんで美味かった。

 満腹満足♪気分で店を出るとそこは夜の銀座の世界。高級クラブのお姐様方の出勤風景を横目に新橋へ。「美味しい焼き鳥屋があるんですよ。」の一言で更にもう一軒・・・。

 いやいや、久々に満腹の限界までご馳走になってしもたぞいね。

 ほれにしても、幼い日の花緑さんや、若き日の権太楼師匠はじめ小さん師匠のお弟子さん達も食したっちゅうにしむらの味、う~ん美味かったわぁ。

| | コメント (0)

2008年6月 6日 (金)

処女作公開

 ちょうど昨年の今頃書いた処女作『千年の杜』(http://asei.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_070e.html)が、今日から「深大寺恋物語」公式ブログ上に公開されることになってんわ。

 力及ばず、入選には至らんかったんやけど、一次審査は通ったっちゅうことでちょっこし嬉しかったり(笑)。いやいや、歌と違ごて、小説を皆さんに読んでもろがは緊張するね。う~ん、恥ずかしさもあるし・・・。

 まぁほんでも折角やし、良かったら読んでみてたいね。短編小説やさけ、ほんの数分で読める量やと思うわ。

【松田亜世『千年の杜』】 http://novel.chofu.com/2008/06/3-18.html

| | コメント (0)

2008年6月 5日 (木)

『坂の途中』を歌いながら~29歳誕生日~

 「あんたのお陰さんで生きてこれたさけ・・・」(松田亜世『月』より)

 誕生日、本当にほんな気持ちで一杯やわ。日付替わった瞬間から、いろんな方からお祝いのメールやらコメントもろて、ガンコ嬉しかったわ♪心から、心からあんやとうございました。

 29歳、「20代もあと1年かぁ」っちゅうて思うと淋しい気もするけど、精一杯の一年でありたいと思うげんわ。

 30歳を目の前にして書いた新曲『坂の途中』、来週末14日のライブで歌うべく準備しながら迎えた29歳の誕生日。

 まだまだ人生の登り坂やもんね。がんばらんなん!!

 皆さん、本当にあんやとうございます。ひとつひとつのご縁に感謝です。

| | コメント (0)

2008年6月 4日 (水)

いせや本店復活の日。

080604_16470001  例年より早い梅雨入りやと。ドンヨリ空は北陸の冬で慣れとるさけ、さほど気にならんげんけど、カエルは嫌いや(苦笑)。

 ほんな梅雨の晴れ間、吉祥寺をプラプラ。ビルに建て替わってしもた”いせや本店”(このブログの背景の絵でいうと、位置関係は描かれとる交差点の左やね。写真は、この絵から左を向いた感じ。)が今日営業再開。自転車で通ったんが、夕方4時頃やったと思うげんけど、開店に合わせて長蛇の列。一回転では入り切らんくらいの人がおったわ。恐るべし!、いせや!!

 まぁビルになってどんながになったかは気になるとこやけど、やっぱりいせやは隙間風が吹く位がいいがんないかと思うげんわ(笑)。っちゅうことで、これから行くならやっぱり公園店がお勧め(特に2階!)。

 ほんなことを想いながらうちに帰ってジャージに着替えて、”28歳ラストRUN!”っちゅうことで井の頭池一周してジブリまでぐるっと走って帰ってきたわ。途中井の頭弁天さんで28歳のお礼参り。

 さぁほしたら明日からまた1年がんばろっと♪

| | コメント (0)

2008年6月 3日 (火)

寄席の日は池袋へ

080603_10150001 早いもんで6月やね~。28歳も残すところあと2日しかないわいね。早すぎる気がするわ(苦笑)。

 昨日は6月第一月曜日、っちゅうことで”寄席の日”。何で6月の第一月曜日が寄席の日なんかはわからんげんけど、ともかく都内の4つの寄席+国立演芸場の入場料が半額(場所によって多少違がうらしいげんけど)!!
 昼過ぎに飯田橋に用事があったさけ、朝の段階ではほの帰りに新宿末廣亭の夜席に行くつもりやってんけど、時計を見てふと予定変更!!「今から行けば昼の中入りに間に合う♪(=橘家円太郎師匠、柳亭市馬師匠、さらに川柳川柳師匠も聞ける)」っちゅうことで、中央線に乗る予定から有楽町線に乗り池袋へ。”現在立ち見”の看板が掛かっとってんけど、中入り時間に入ったらちょうど席も空いて座って見られてラッキー!
 市馬師匠の『高砂や』での伸びやかな声を堪能して、いよいよトリは川柳川柳師匠!!初の生『ガーコン』♪いやいや、これが伝説(?)のガーコンかと大爆笑・大満足やったわ。

 夜の部に突入して、一之輔さん、玉の輔さん、ロケット団、勢朝師匠とよ~笑ろた!!中入り後には三遊亭歌之介師匠!!!今日は健康のお話。背筋を伸ばして(肛門が締まるので)笑って歩くのが健康に一番いいそうやわ(笑)。もちろん、場内大爆笑♪歌之介師匠、最高!!
 ほして最後は一朝師匠の『黄金餅』をじっくりと。
 
 う~ん、大満足の寄席の日やったわ。迷った末の池袋、大正解♪

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »