« お蔭さんの西荻ライブ♪ | トップページ | 『金明竹』でドッカンと♪ »

2007年12月 5日 (水)

ライブレポートと心の仏像♪

 この前の日曜日のワンマンライブと11月23日の東本願寺でのライブ、両方のライブレポートアップしたさけ、是非是非読んでたいね。(【公式ホームページ】http://homepage1.nifty.com/asei/から<ライブレポート>)皆さんのお陰で、今回は自分の中でも、まんで充実感あったライブやったさけ、続くライブも頑張っていくぞいね♪MDにもちゃーんと入っとる、客席からの「ガンバっ!」、いい感じやったわぁ。これからも宜しく頼んぞいね。

 ほして、一昨日からNHKの深夜にやっとる『にっぽん 心の仏像』(http://www.nhk.or.jp/butsuzou/)のビデオを見とってんわ。今夜も放送あるさけ、楽しみねんけど、まった京都奈良行きた~なってきたぞいね。仏像ガール(http://www.buddha-girl.com/)なんっちゅう、同世代の女性も最近は活躍しとるみたいで(笑)。いっぺんお話してみたいぞいね。

 やっぱり、いいもんはいいもんね。しっかし、観音さんの優しさって凄いわ。先月の京都ん時は、三十三間堂、バスの渋滞にハマってしもて、拝観時間内にたどり着けんかったんが心残りやわ。テレビの映像観とっても、あのお堂に入ったときの鳥肌立つ感覚、想い出して興奮やったぞいね!!まぁ、凄いわ。

 ほしたら、今夜も楽しみに観るかいね。

|

« お蔭さんの西荻ライブ♪ | トップページ | 『金明竹』でドッカンと♪ »

コメント

放送が夜遅いうえにビデオデッキは壊れたまま・・・(涙)。。。
向源寺の十一面観音さまのお話もあったのですね♪
本当に美しいお姿・・・祈りが瞬時に昇華してゆくような・・・。

前回放送のときは、友人からDVDをもらって見ました♪
はなさんのプリンス☆東寺の帝釈天さまが美しい!

またいつか、三十三間堂の仏さまたちと静かな対峙ができるといいですね☆

そうそう♪
来年3月、国立博物館にて薬師寺展ですよ~☆
日光菩薩さま・月光菩薩さまも!!!
http://yakushiji2008.jp/

投稿: 桜唄が好き♪ | 2007年12月 7日 (金) 20:03

◎桜唄が好き♪さん、
>放送が夜遅いうえにビデオデッキは壊れたまま・・・(涙)。。。
向源寺の十一面観音さまのお話もあったのですね♪
本当に美しいお姿・・・祈りが瞬時に昇華してゆくような・・・。

 向源寺の観音様、本当に美しいですよね。十一面観音さんは、「水」に関係があるという話で、白山の泰澄の話も出てきてました♪

>前回放送のときは、友人からDVDをもらって見ました♪
はなさんのプリンス☆東寺の帝釈天さまが美しい!

 色々な発見がありました!でも、第4夜は、途中で寝てしまっていて気づいたら谷村しんじさんのエンディングの歌でした(苦笑)。

>またいつか、三十三間堂の仏さまたちと静かな対峙ができるといいですね☆

 人が少ない季節にゆっくりいって来たいです。

>来年3月、国立博物館にて薬師寺展ですよ~☆
日光菩薩さま・月光菩薩さまも!!!

 わぁお!!貴重な情報ありがとうございます。楽しみですね♪

投稿: 松田亜世 | 2007年12月 8日 (土) 10:29

十一面観音さまと「水」・・・
なんだか気になって、白洲正子さんの『十一面観音巡礼』を読み返してみました。
泰澄が白山を開いた件に『養老元年四月 九頭竜川をさかのぼり、大野郡から平泉寺を経て、白山の頂上に至った。頂上には深い緑をたたえた池があり、そのかたわらで祈っていると九頭竜神が出現・・・。泰澄がさらに念じると真の姿、妙相端厳なる十一面観音が現れた。』とありました。
そのほかの十一面観音さまの由緒にも龍神や龍女が出てきます。
山や水に対する信仰から・・・なのでしょうか。。。

いろいろ調べていて、白山の菊理媛さまの読み方の由来が、百人一首の『ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは』からきているとのこと。
この『水くくるとは』は禊のことだとのことでしたが、
田辺聖子の本にこの句が落語になっていることも書いてありましたぁ(笑)♪

投稿: | 2007年12月10日 (月) 20:03

◎桜唄が好き♪さん、
>泰澄が白山を開いた件に『養老元年四月 九頭竜川をさかのぼり、大野郡から平泉寺を経て、白山の頂上に至った。頂上には深い緑をたたえた池があり、そのかたわらで祈っていると九頭竜神が出現・・・。泰澄がさらに念じると真の姿、妙相端厳なる十一面観音が現れた。』とありました。

 それです!!テレビでもそのお話だったと思います。

>そのほかの十一面観音さまの由緒にも龍神や龍女が出てきます。
山や水に対する信仰から・・・なのでしょうか。。。

 水は変幻自在に姿を替える、その姿が十一面観音さまの姿を替えるその姿になぞらえられたとテレビでも解説されてました。なるほど~と思いました。

>いろいろ調べていて、白山の菊理媛さまの読み方の由来が、百人一首の『ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは』からきているとのこと。

 そうなんですね!!勉強になりました♪

>この『水くくるとは』は禊のことだとのことでしたが、
田辺聖子の本にこの句が落語になっていることも書いてありましたぁ(笑)♪

 題名は忘れてしまいましたが、一度寄席で聞いたことがあります。確か「ちりとてちん」にもちらっと出てきてた噺だったような気がします。

投稿: 松田亜世 | 2007年12月10日 (月) 22:51

『千早ふる』という題名で、
竜田川というお相撲さんの失恋のお話なのです♪

私も昔、百人一首を覚えたときにこの句の覚え方として知っていたのですが、
落語・・・という認識がなくて。。。
実際に寄席でもやることがあるなんて感激♪

投稿: 桜唄が好き♪ | 2007年12月12日 (水) 00:16

追伸・・・。
『男の隠れ家 1月号』は、仏像特集!!!
向源寺の十一面観音さまのことも載ってます!

投稿: 桜唄が好き♪ | 2007年12月12日 (水) 00:41

◎桜唄が好き♪さん、
>私も昔、百人一首を覚えたときにこの句の覚え方として知っていたのですが、
落語・・・という認識がなくて。。。
実際に寄席でもやることがあるなんて感激♪

 落語、本当に色々深いです♪

>『男の隠れ家 1月号』は、仏像特集!!!
向源寺の十一面観音さまのことも載ってます!

 この雑誌、いいとこついてきますね(笑)。

投稿: 松田亜世 | 2007年12月12日 (水) 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お蔭さんの西荻ライブ♪ | トップページ | 『金明竹』でドッカンと♪ »