« 22日の打ち合わせ、ほして今日は早とちり・・・。 | トップページ | いただきます。 »

2007年12月15日 (土)

永六輔と東京坊主コレクション

 『東京ボーズコレクション』(http://www.engi.jp/tbc/top.html)。ネットで偶然発見して、「うわぁ、行きたい。」と行って来たぞいね築地本願寺。

 まんで凄い人。マスコミもた~んと来とって、注目度が高いイベントなんやろうなぁっちゅうことが窺えてんわ。何よりも注目やったんが、宗派を超えた僧侶による法要『世界の平和を願う』やってんわ。

 天台宗・真言宗・浄土宗・浄土真宗(本願寺派)・臨済宗・曹洞宗・日蓮宗のお坊さんがそれぞれの声明を聴かせてくれてんわ。それぞれ個性的な声明があったし、きらびやかな袈裟もそれぞれ特徴があって(袈裟は別に宗派ごとの展示コーナーもあって、間近に見ることができてんけど。)興味深かったぞいね。

 ほんで、最後は参加全宗派のお坊さんが、散華(華を象った紙を空中にまく)するシーンがあってんけど、これはガンコ感動的で鳥肌が立ったぞいね。写真撮ってきとけば、大体の雰囲気感じてもらえてんろうけど、そんな余裕もなく見とれとってんわ。

 本堂の外でも色々なイベントが開催されとってんけど、最後を締め括ったんが、永六輔さんの講演。これが、まった面白かったし内容も濃くて有意義な時間を過ごせてんわ。笑いの筋は噺家並の永さん♪登場するなり「放送の人間だから、後ろの人もちゃんと聴こえるようにマイクのチェックをします。黒柳徹子と再婚はしません。」とはじまる(笑)。確かに永さんの前に講演された曹洞宗の尼僧・青山師の時はワンワン音が回って、ガンコ聴こえ難かったし、あたりまえのことやけど、”ちゃんと聴かせて何ぼ”ってのはさすがやなぁと。やっぱり、伝えることにおいてラジオの人はひとつ上やなぁと思う。ラジオ文化は、衰退させたらいかんね。言葉の重みがテレビの人とは全く違ごげんわ。頑張れラジオ!!

 今日みたいな宗派を超えた取り組み、これからのお寺さんのあり方として、ひとつの大きな方向性やと思ったわ。仏教の基本は”縁起”っちゅうて、すべてがつながること。ますます混沌とした時代において、お寺さんの果たす役割も大きいがんないかなぁと思ったわ。

|

« 22日の打ち合わせ、ほして今日は早とちり・・・。 | トップページ | いただきます。 »

コメント

なんだかとってもすごいイベント!!
しかもポスターの『虹を翔るお坊さん』
観音二十八部衆や風神・雷神のような躍動感!

教えを語った人によって枝分かれしていったことが、
今、ひとつになってゆくのだったら素晴らしいことですよね。

散華は、チベットの方が撒くツァンパと同じかな?
これは感動的で素敵な瞬間ですよね♪

そして、永さんのキッチリとした講演も魅力的です☆
ご友人の秋山ちえこさんも長年、ラジオの番組を大切にされていました。
『言葉』という『言霊』を伝えることの深さがラジオにはありますね。

素晴らしい会に参加された感動をありがとうございました♪

投稿: 桜唄が好き♪ | 2007年12月15日 (土) 23:10

◎桜唄が好き♪さん、
>なんだかとってもすごいイベント!!
しかもポスターの『虹を翔るお坊さん』
観音二十八部衆や風神・雷神のような躍動感!

 なんだか凄いアニメチックでビックリしちゃいましたが(笑)。

>教えを語った人によって枝分かれしていったことが、
今、ひとつになってゆくのだったら素晴らしいことですよね。

 あの声明は、圧巻でした。素晴らしかったです。

>散華は、チベットの方が撒くツァンパと同じかな?
これは感動的で素敵な瞬間ですよね♪

 多分ほぼ同じかと思います。初めて実際に見ましたが、凄く綺麗で感動しました。

>そして、永さんのキッチリとした講演も魅力的です☆
ご友人の秋山ちえこさんも長年、ラジオの番組を大切にされていました。
『言葉』という『言霊』を伝えることの深さがラジオにはありますね。

 そうですね。大事にして生きたいです。本当に永さんのお話は面白かったです。

投稿: 松田亜世 | 2007年12月16日 (日) 01:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 22日の打ち合わせ、ほして今日は早とちり・・・。 | トップページ | いただきます。 »