« もうひとつ寝るとみゆきさん♪ | トップページ | 興奮まだ覚めやらず。 »

2007年11月 7日 (水)

ボーっとなった夜-中島みゆき、歌の力-

 正直、ボーっとなっとるげん。久々にただただ余韻に浸りたいような、ほんな感じの素晴らしい歌の数々・・・。吉祥寺駅降り立って、とりあえずぶぶかで油そば食べて、井の頭公園散歩して、ゆっくりクールダウンして、ほして帰ってきてんわ。ジワーっと染み渡る、秘境の温泉にでも入った感じやわ。

 <これから先、多少演奏曲目等にも触れる可能性もあるし、我が街のコンサートまで中身は楽しみにしておいでるみゆきファンの方、注意してたいね。>

 もうね、ポーンと一発目の声で中島みゆきの世界が始まるげんね。グググググッっと世界に引きずり込まれるげんわ。バンドもいつもながら日本のトップの面々。今回は中西康晴さんなんて、僕が最初にコンサートというものを観た時(長渕剛の『昭和』っちゅうツアーの金沢市観光会館)のキーボーディストにも久々にお目に掛かれてんわ。何年か前の陽水さんのライブ以来かね。個人的にツアーパンフレットで名前を見て「ウォ~」っとひとりニンマリ(笑)。ということはエルトンさん不在っちゅうことで、ちょっぴり淋しくもあり。

 PA席のちょっこし後ろの真ん中の席やったし、音は抜群。PA席横に陣取る、拓郎さんのつま恋では踊る指揮者(?)をやっとったアレンジャー・瀬尾一三さん(この方も僕の中では特別な存在。この方のアレンジしたアルバムを聴いて育ったんやもん。)の姿もハッキリキャッチ。この辺は、憧れのアイドルを見る乙女の眼差しやね(笑)。

 あたり前のことやけど、ボーカルの輪郭がキッチリしっかり聴こえるPA。みゆきさんの息遣いがこっちまでしっかり届く。

 コンサートはあっという間に中盤まで来とった。楽しいトーク(僕らの世代ならラジオ『中島みゆきお時間拝借!』のみゆきさんを、ひと世代上ならオールナイトニッポンのみゆきさんを思い浮かべて頂ければ、その通りの、歌とのギャップ甚だしい喋りがコンサートで展開される訳や(笑)。)

 ステージ上には、あの”つま恋”(まぁ、僕はテレビでやったけど(涙))でも聴いた耳馴染みのあるエレキギターのイントロ、そのまた”つま恋”と同じくあの古川望さんのギターが泣いとる。「うぉおお!!!なんと。」客席からパラパラと拍手が・・・(なんでパラパラと?、ここドーッと湧くとこじゃないが?(笑)はい、世代じゃない松田亜世が一番興奮しとったかもしれません。)。吉田拓郎さんの名曲『唇をかみしめて』を歌う中島みゆきさんがそこにおる!!!

 ほして、続く『ファイト!』は、圧巻の一言。

 何年ぶりやろ、コンサートで歌を聴いてただ涙が流れたんは・・・。5千人を超える客席の東京国際フォーラムで、この歌の瞬間は確実にみゆきさんと一対一で対しとった自分がおった。いや、5千人を超える人間が、恐らくそれぞれ一対一でこのみゆきさんの歌と対峙しとったんやと思う。歌が届く時ってこういうことを言うんやと思った。キリストか女神かみゆきさんか、ライティングもガンコ素敵で、ただただ歌が天から降りてきた瞬間やったわ。その場所におれただけで、幸せ。今日は来て良かった!!!

 本編最後の『重き荷を負いて』も凄い歌。アルバムで聴いてから、この歌を生で聴いたらどんなに凄いやろうと思っとってんけど、その時が今まさに来たっちゅう訳や。(正直言うたら、ちょっこし登場が早かった。アンコールの本当に本当に最後に聴いて帰りたかった。)

 「同じ時代に生まれて来てくれてありがとう。」っちゅうみゆきさんのメッセージに続いて歌われたこの歌。僕は正直に、本当に正直に「この歌が生まれた時代に生きていて良かった。」と、そう思ってん。後世に残すべき、歌い継がんなん歌やと思うげん。好きな言葉の”歌は力なり”っちゅうこと、ほの言葉はこんな歌の為にあるがやね。

 この歌を聴いとったら「やらんなん!やらんなん!!やらんなん!!!生きんなん!生きんなん!!生きんなん!!!」っちゅうて深いとこからどっしりと気持ちが入っていってんわ。歌っちゅうたら、凄いもんや。

 ほんな訳で、かなりの興奮でボーっとなってしもとるげんけど、一呼吸おいて、自分のステージの構想もどんどん沸きあがってきとるがも事実で、今月の京都ほして年末の2本、歌いたてしゃあないがになっとるげん。

 歌っちゅうたら、もしかしたら落語に限りなく近いがかもしれん。落語みたいに歌えたら、ほれが目指すべき歌の理想かもしれん。見えてきた!!!目指すとこ。

|

« もうひとつ寝るとみゆきさん♪ | トップページ | 興奮まだ覚めやらず。 »

コメント

わぁ~~~♪♪♪
コンサートの様子が見えるようです!!
すごくパワフルだったのですね♪

本当に中島みゆきさんがお好きなのがよく解ります!
隅々まで“恋する乙女の視線”なのね(笑)☆☆☆

同じ時代に生まれて出会えるって本当に素敵なことと思います♪
みゆきさんのメッセージは、亜世さんの歌の中にも生きていますね☆

投稿: 桜唄が好き♪ | 2007年11月 7日 (水) 07:32

◎桜唄が好き♪さん、
>わぁ~~~♪♪♪
コンサートの様子が見えるようです!!
すごくパワフルだったのですね♪

 凄く歌声がまっすぐ届いた、そんなコンサートでした!!

>本当に中島みゆきさんがお好きなのがよく解ります!
隅々まで“恋する乙女の視線”なのね(笑)☆☆☆

 そうかもしれません(笑)。実際、凄く素敵ですもの♪

>同じ時代に生まれて出会えるって本当に素敵なことと思います♪
みゆきさんのメッセージは、亜世さんの歌の中にも生きていますね☆

 そうですね!!ホント一期一会です。
 僕もがんばって生きます!!

投稿: 松田亜世 | 2007年11月 7日 (水) 11:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もうひとつ寝るとみゆきさん♪ | トップページ | 興奮まだ覚めやらず。 »