« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

法界坊-今に生きる歌舞伎-

 一昨日はTシャツ着とっても暑い、真夏日やったんに昨日は長袖でも肌寒かったさけ、フリースのベスト羽織る位の温度差。地球が悲鳴上げとるような気がするわぁ。どうなっとれんろ?11月下旬並みの最高気温やったらしい東京。

 一昨日テレビでやっとった串田和美演出中村勘三郎主演の平成中村座ニューヨーク公演『法界坊』をビデオに録って観とってんわ。コクーン歌舞伎ですっかりファンになってしもた、串田演出の歌舞伎。テレビを通しても、ほの迫力と面白さが十分伝わってきたぞいね。

 ニューヨーカーを目の前に英語で独り言を喋る法界坊、すっかり歌舞伎に馴染んだ淡路屋さん(笹野高史さん)のエロさ満点の役どころもまた魅力。すっかりテレビの前で笑ろた笑ろた(笑)。日本では大向こうで感じられる客席と舞台との一体感、アメリカでは英語でそれを上手いこと成し遂げとって、いや~凄いわ。法界坊のキャラクターにもピッタリ。

 江戸時代の歌舞伎っちゅうたら、実はこんながやってんろうなぁと思うわ。もちろん、いわゆる古典といわれるような、かた~い話も中にはあるげんけど、世話物の中に庶民の中に生きとった歌舞伎があると思うし、今に生きる歌舞伎のヒントがあるような気がすれんわ。

 ほれを”これでもか!!”っちゅうて魅せてくれる串田さんと勘三郎さんには脱帽やわ。凄いわ。

 今を歌舞く歌舞伎やね。あ~、生で観たいぞいね♪

| | コメント (7)

2007年9月26日 (水)

あ゛ぁ゛あ゛ぁ~。

 今日は上野・不忍池弁天堂に巳成金大祭(ミナルカネ)の御守を受け取りに行ってきてんわ。今年の巳成金大祭は20日やってんけど、ちょうどツアー初日やったし行けんかったし、予約しといてんわ、御守と福財布を。ほんでも20日に行けんかったし、ご開帳した弁天さんにお参りすることは出来んかってんけど、日頃の感謝とまた新たな一年の音楽活動の成功を願ってお参りさしてもろてきたわ。

 ほして上野で働いとる中学時代の友達に久々に会うて、大勝軒でラーメンすすって。ほの友達とは中学時代に一緒に獅子舞の棒振りした仲ねんけど、ほの10数年後に東京でこうして会うとるっちゅうがもまた不思議な感じやね。

 今日の日記のタイトルの『あ゛ぁ゛あ゛ぁ~。』は、・・・タイガース(涙)。どうしてしもてんろ?リーグ優勝の火種は消えてしもた。

 実はね、10月7日のワンマンライブ、12.5ゲームひっくり返した興奮で、久々に2003年の優勝時に書いた『Victory』を優勝記念に歌おうと思ってセットリスト組んどってん。8月に『六甲颪』も歌とたことやしと思とってんけど・・・。なんとも悔しいさけ、セットリスト組み直さんなん。

 ”負け続けてそして勝ち取るVictory”(松田亜世『Victory』より)

 ほんでもやっぱり、勝っても負けても虎命やわ。

 しっかし、悔してならん!!

| | コメント (4)

2007年9月25日 (火)

北陸の旅、そしてTETE!!

070921_17520001  昨日早朝、北陸の旅から東京に戻ってきてん。名古屋までの高速バス、ほして名古屋から機材車運転しての辰口温泉までのドライブ(?)も楽しかったぞいね。いつの間にやら米原ジャンクションの検札なくなってんね。

 辰口温泉には泉鏡花の碑が立っとって、鏡花所縁の場所に泊まれたんは貴重な体験になったぞいね。ほんで翌日夕方には糸魚川へ移動。写真は富山県に入った頃の夕焼け空。ガンコ綺麗やったわぁ。日本海、やっぱり我が心の故郷やわ!!

070922_08250001  糸魚川は2泊”ホテル糸魚川”っちゅう宿に宿泊。名前からしてビジネスホテルやろうなぁと思っとったらなんと、フォッサマグナの温泉旅館!!部屋からは糸魚川と北アルプスの山々も遠く望めていい感じ。主催者の方にご馳走になったお蕎麦は目茶苦茶美味かったわぁ。「加賀の井」っちゅう加賀藩にゆかりの銘柄の糸魚川の地酒もあるげんね。買おうか迷ってんけど、荷物重かったし泣く泣く断念・・・。また新潟来た時には買うてかんなん!!

 糸魚川公演の打ち上げに参加して、北陸線鈍行の旅(笑)。糸魚川から富山まで。途中黒部までご一緒やったご婦人がお寺の方やったりして、色々話しながらなかなか楽しい鈍行列車の旅やったわぁ。

070923_22410001  富山駅では、富山弁のポスターを発見したさけパシャリ!金沢弁とかなり近い富山弁やけど、「やちゃ。せられ。」等などの富山弁独特の語尾が耳に心地いかったぞいね。夜行バスの旅の前の束の間の富山旅気分。

 北陸の旅から戻った昨日は、渋谷のクラブクアトロでフランスから来日中のTETEのライブへ。5月のインストアライブ(http://asei.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/tete_8360.html)がガンコ素晴らしいものやったし、ライブまんで楽しみやってんわ。久々のオールスタンディングのライブはちょっこし疲れたけど、ほんでもTETEは女性コーラスとたった二人の2時間ステージを魅せてくれてんわ。オープニング・アクトはクラムボン。生で聴くがははじめてやったけど、心に優しい歌声。残念やったんは歌詩が聴こえづらかったこと。ライブハウスのPAでは良くあることねんけど、詩に魅力があるアーティストにも関わらず、歌が聴こえ辛いってどうねんろ?ちゃんと歌を聴かせてあげるががPAの仕事やろ?と思う。

 さてさて、TETEのアンコールでは、完全アンプラグド(マイクも使わず、ボーカルもギターも生!)での演奏も何曲かあってんわ。この心意気には完全ノックアウト!!

 ほしてまた圧巻やったんは、ダブルアンコールの最後ボブ・マーレーの『REDEMPTION SONG』。ジワーッと目頭が熱くなってくれんわ。言葉並べても説明できんけど、ともかく最高やったね。

 あんやとう!、TETE!!!

| | コメント (4)

2007年9月19日 (水)

北陸へ

 明日から名古屋経由で石川→新潟(糸魚川)への3泊5日(車中1泊)の旅に出てくるげんわ。古くからの知り合いマネージャーさんから、「とあるアーティストのツアーのスタッフ足りんから、手伝ってくれんけ~?亜世金沢やろ?北陸詳しいやろ?」(実際は標準語(笑)。)っちゅうて言われて、「仕事とはいえ旅が出来るんなら喜んで。」っちゅうがになって、とあるアーティストの全国ツアーの北陸部門に合流するがになってんわ。

 明日は早朝に新宿駅西口を高速バスで出発して、名古屋で機材車拾って北陸道を運転、一路辰口まで。石川入りしとるがに金沢素通りで(涙)、翌日は糸魚川へ移動。糸魚川2泊の最終日は富山まで戻って夜行バスで再び新宿に戻ってくるっちゅうコースねんわ。

 名古屋からの運転はちょっこしダヤイけど、辰口では温泉入れるみたいやし、糸魚川は降りたことない町やし、何より大好きな北陸に行けるっちゅうががまず楽しいわいね。

 秋晴れの白山見れるかなぁ?

 次は自分のツアーで北陸回りたいぞいね♪(近日敦賀のコミュニティーFMでヘビーローテーションで『がんばるまっし』流してもらえるみたい。詳細決まり次第お知らせするわぁ。ジワリジワリと松田亜世も石川から北陸に拡大していかんなんね。)

| | コメント (4)

2007年9月15日 (土)

1年後の9月15日

070914_12250001  昨日は上野に行く用事があったさけ、天神下の大喜でラーメン食べて、ほして不忍池の弁天さんにお参り。上野に来るといつもこのワンパターン。ほんで、蓮の花が咲き乱れる不忍池をパシャリ。ほんでも蓮の花に包まれた弁天堂はまんでいい感じ。泥の中からでも花を咲かせる蓮、ほの真ん中で弁天さんが微笑んどる感じやね。芸術も泥の中から華を咲かせたいもんやと思ったわ。

 夜はロケット団の定例集会に足を運ぶ為に末廣亭へ。末廣亭へ行く時は航海屋でひとまずラーメンがワンパターン。オイオイ、昨日は昼も夜もラーメン食っとったぞいね。まぁ、フォークシンガーにはラーメンやわ(笑)。金沢帰っても8番ラーメンが一番ねんさけ。

 中津川弦ちゃんの華麗なお喋りに導かれて、今月の定例集会のゲストは、内海圭子師匠。いや~、都々逸やらお座敷踊りやら、魅せてもろたぞいね~。85歳であの芸。やっぱり”芸”っちゅうがは、人間を若く保たせるもんやねぇ。三浦さんとは抱擁、倉本さんとは接吻、この印象は強烈やったぞいね(笑)。

 ほして、日付変わって9月15日。

 吉祥寺での『亜世's Day ワンマンライブ』が50回と同時にファイナルを迎えたあの日から一年。早いもんのような気もするげんけど、その後の色々な出来事がこの1年を長いもんに感じさせとるような不思議な感覚やわ。ほんでもまた新たなスタートを切った節目の日やし、なんっちゅうか気持ちも引き締まる感じがするわ。

 毎月毎月が積み重なって50回やらしてもろた、ほのことに今も感謝の気持ちで一杯やわ。

 またひとつずつ、しっかり積み重ねていかんなんと思とるげんわ。ホント、あんやとう♪

| | コメント (2)

2007年9月12日 (水)

新曲『道しるべ』と言葉

 秋雨、雨のお陰さんで随分涼しい朝になったもんやね。昨夜ジム帰りの土砂降りの吉祥寺の街、ふわっとメロディーが降りてきてんわ。昨夜のうちにサビとメロディーを大方創って寝てんけど、今さっき完成したぞいね!

 タイトルは『道しるべ』。一言で言うなら”夢”がテーマの唄。久々にメロディーに言葉が降りてきた感じで書き上がってんわ。

 「さぁ、新曲も書き上げたさけ、日記でも書くかいね。」と思て、パソコンに向かったとたん、”安倍首相辞任”の速報。会見もテレビで見てんけど、言葉が全く心を打たん。美しき国を語る一国の首相の言葉がこれほどまで貧しくなってしまったかと、ガンコ悲しい気持ちになったぞいね。この人よりも随分前から心に響く”美しき国”を歌ってきたまっさん(さだまさし)の新譜『Mist』を聴きながら・・・。

 僕に出来ることは、精一杯のこの国の美しい言葉を歌に刻み込むこと。”言葉”とは、時代も人間もそこに映しこむ不思議な存在。大事に大事にせんなんと思うげんわ。

 10月のライブ、新曲『道しるべ』も含めて、一曲一曲一生懸命「言葉」を伝えたいと改めて思うげんわ。

| | コメント (4)

2007年9月10日 (月)

芝居三昧

 先週の木曜日から土曜日までは芝居三昧の毎日。っちゅうても芝居鑑賞やけど。6月に『お静の雪』に関わらせてもろてから、さらに「芝居って面白い!!」と思って、観さしてもろとるげんけど、”言葉”扱う唄やっとるげんさけ、”言葉”っちゅう共通項で、ガンコ勉強になるげんわ。ほのことを感じるようになってから、(「以前よりも」っちゅうたらお芝居に失礼やけど)より真剣に観るがになってんわ。

 まず台風に東京が襲われた木曜日は、『お静の雪』主演の白石奈緒美さん出演の朗読劇『女の一生』の公開舞台稽古とそれに関するシンポジュウムやってんね。この日主演は淡島千景さん。劇場出るときには大嵐。ガンコやったわぁ。

 ほんで翌日は今度はダブルキャストの白石奈緒美さんが主役を演じる『女の一生』。朗読劇っちゅうて、台本を持ちながら芝居をするという何とも不思議な世界ではあってんけど、”言葉”に集中しながら観さしてもろてんわ。『お静の雪』金沢公演の時のスタッフの方々とも久々の再会をして、役者さん仲間と新宿三丁目に飲みに行ってんわ。新宿三丁目あたりって、役者とか噺家とか作家とかの匂いがして、いい感じ(笑)。まぁ美味しいお酒やったわいね。

 ほして芝居三昧の〆の土曜日は、青山円形劇場に『シラノ・ド・ベルジュラック』を観に行ってきてん。市川右近さんや市川猿弥さんといった歌舞伎役者の方々が演じる『シラノ・ド・ベルジュラック』。いや~、最初は聞き取りにくくもあった台詞回しやけったけど、ドンドンどんどん引き込まれて行って、最後はジーンと感動してしもたわ。『シラノ・ド・ベルジュラック』っちゅう作品は、はじめて観てんけど、これまた台詞に魅力のあるお芝居やし、”言葉”っちゅうたら面白いなぁっちゅうて改めて感じてんわ。ほれに今回の演出は、青山円形劇場の良さを生かしたっちゅうか、舞台セットはステージのみ。これがまたこのお芝居の魅力を引き出しとったんかもね。

 歌舞伎に七五調の台詞がまたいかった!!思わず「澤瀉屋(おもだかや)」っちゅうて叫びたくなるいいお芝居やったわ♪

 ほしてほして!!!

 阪神首位!!!!!さらに10連勝!!!!!!!!!!

| | コメント (2)

2007年9月 5日 (水)

楽しいラジオ!!

 今日は調布FMのラジオに生出演してきてんわ。『お静の雪』の音響さんにご紹介頂いたご縁もあって、久々に音響さんにも再会。ほして、『お静の雪』の稽古場が調布やったこともあって、調布駅に着いた瞬間からお芝居の事を思い出したぞいね。いやぁ、5月は毎日が芝居芝居でまんで楽しかったもんやわ。

 今日のラジオも楽しかったぞいね。30分間『がんばるまっし』、『想ひ出雪』、『天漢』をかけてもらいながら、色んな話をさしてもろてんけど、ミニ金沢弁講座もやって金沢弁普及にもつとめてきたぞいね!!ひとりでも多くの方に歌が届いとるといいなぁと思うげんわ。

 パーソナリティーの明石千明さんにもいいがにしてもろて、感謝です。曲もまたかけてくれるっちゅうとったし、どしどしリクエストを♪(笑)。(調布FMは水曜日午後【http://www.chofu-fm.com/home/index.phtml?cont=timetable_weekday/index】、むさしのFM木曜日午後のパーソナリティーでもらっしゃいます。【http://www.musashino-fm.co.jp/onair.php】)

 明日・明後日は、白石奈緒美さんが出演される『女の一生』を観に行く予定やし、また『お静の雪』つながりやね。こうして拡がっていくご縁に感謝やわ!

| | コメント (2)

2007年9月 4日 (火)

明日はラジオ♪

 今日も蒸し暑かったねぇ。やっとこさ、涼しぃなってきたと思とったんに。

 明日は14時から調布FM(調布市・狛江市の全域、三鷹市・世田谷区・川崎市多摩区・稲城市・府中市・小金井市・武蔵野市の一部で受信可能です。)「午後のカフェテラス」(http://www.chofu-fm.com/)に生出演するげんわ。

 東京でのラジオ出演は久々やさけ、まんで楽しみ♪喋りまくってくるわ。

 お聴きになれるエリアの方は、是非是非録音して聞いて下さいね。

| | コメント (5)

学園祭・ライブ・おわら・雑誌掲載・金沢

 昨夜東京に戻ってきたぞいね。まずは、お知らせから。音楽雑誌『Player 10月号』http://www.player.jp/)のP80にミニアルバム『がんばるまっし』のレビューが掲載されとるさけ、是非是非読んでたいね♪まんでいいがに書いてもろて、嬉しい限りやわ。

 なんやらバッタバッタとブログを更新するまで辿り着かんかった今回の金沢。

 学園祭、インストアライブと無事に終了(詳しくは、近々公式HPの【ライブレポート】にアップするさけ。)。やっぱり故郷・石川で歌うっちゅうがは、特別な想いがあるわいね。じっく~り聴いてくれた皆さん、本当にあんやとう♪

 ほの合間に、高校のプチ同窓会やら、小学校時代からの友達の結婚式の二次会やらもあって、ほぼ毎晩片町に出没(笑)。よ~飲んだわ。

070902_23550001  ほんで最後に念願の越中おわら”風の盆”にも行くことができてんわ。年々人が多すぎて、「ホントの良さがなくなった。」っちゅう声も聞くげんけど、小説『風の盆恋歌』の情景をイメージしながら町を歩くと、小説に描かれた世界はしっかり心に描くことが出来てんわ。まぁ、ほんでも観光化しすぎとるさけ、夜中になってからの踊りがやっぱり良かったわ。

 自分も含めての話やけど、やっぱり祭りは地元の人のもんねんね。観さしてもろとるっちゅう感覚が大事やね。そこに人がおって、街があって、祭りが息づく。”祭り”、大事にせんなんわ。

 しっかし、着物に笠の女性はどこまでも美しかったわぁ。ボーっとなってしもた。踊りの所作も繊細でしなやかやしね。

 学園祭、同窓会で”青春”パワーももろたし、曲づくりに励めそうやわ。頑張るぞいや!!

| | コメント (4)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »