« 着物で歌舞伎! | トップページ | 上野鈴本にて »

2007年1月25日 (木)

うめ吉、小遊三を観る

 昨日はお誘いを受けて、池袋の東京芸術劇場に『池袋落語会 ゆうきのでる会デラックス』を観に行ってきてんわ。東京芸術劇場の建物ん中には初めて入ってんけど、ま~んで立派な建物やったわぁ。真ん前は小汚~い都会の公園やし(帰り際通った時にはケンカカップルか、泣いとる女性もおったり・・・。こんなが、まんで気になれんけど(笑)。)、ほのギャップがなんやら可笑しかったぞいね。

 今日は三遊亭遊喜さんの勉強会やってんけど、お目当は俗曲の檜山うめ吉さん。前にタワーレコードで三味線の音探しとる時に偶然試聴してCD買うたんやけど、それがなかなか面白かったさけ、いっぺん生で観たいなぁと思っとってんけど、ほれが今日やっと叶ったっちゅう訳。(”檜山”というだけで虎ファンとしては嬉しくもなってしもがやけど(笑)。)

 誘って下さった方が、「折角だからCD持ってきてサインしてもらったらどう?」と仰って下さったさけ、楽屋にお邪魔してサインもしてもらってんわ♪間近で地毛で結った日本髪も拝見できて嬉しかってんわ。ほんの挨拶程度にしか言葉は交わさんかってんけど、柔らかなお人柄も垣間見れて何より。

 江戸のお座敷”芸”の世界をうめ吉さんの舞台を通して観れたんはよかったわ。三味線と独特の節回しの日本の唄、やっぱりどっかで日本人の心に響くもんがあれんね。

 ほしてほして、笑点でもお馴染みの三遊亭小遊三さんが、遊喜さんの師匠ということでゲスト出演。これまったテンポのいいお話で、大満足!!ストライブの着物に黒紋付の羽織の小遊三さん衣装、これまったなんともお洒落でいかったわぁ。ますます着物生活に憧れたり(笑)、ほんな着方もあるんやなぁと勉強にもなったし。

 久々に寄席にも行きたいなぁと思っとったところにロケット団も出とる上野鈴本の割引券も頂いたし、週末にでも行ってくっかな。

|

« 着物で歌舞伎! | トップページ | 上野鈴本にて »

コメント

亜世さんが体験される世界は、本当にすごいですね♪
なんだか・・・奥深い本物の“芸”の域というか。。。

勉強不足で、お二方とも存じ上げなかったのですが、
うめ吉さんをサイトで拝見しました。
ご自身の結髪と藍のお着物が素敵でした。
“俗曲”というのは、芸妓さんの世界の・・・という意味なのでしょうか。。。

亜世さんは、日本の古典の世界と本当に強く繋がっているのですね♪
優しいお心を持った男らしい気質は、そんなところからくるのですね。

お着物での鈴本・・・いらっしゃれましたか?
きっと懐手が似合う旦那衆になられますよ(^-^)v

投稿: ☆藜☆ | 2007年1月28日 (日) 17:06

◎☆藜☆さん、
>亜世さんが体験される世界は、本当にすごいですね♪
なんだか・・・奥深い本物の“芸”の域というか。。。

 いえいえ、とんでもないです。まだまだ広く浅くです・・・。日本文化は本当に深いです。

>勉強不足で、お二方とも存じ上げなかったのですが、
うめ吉さんをサイトで拝見しました。
ご自身の結髪と藍のお着物が素敵でした。
“俗曲”というのは、芸妓さんの世界の・・・という意味なのでしょうか。。。

 僕も詳しくはわからないのですが、「東京音頭」もCDには入ってますよ♪あと都都逸とか。舞台は芸妓さんの世界に近いです。

>亜世さんは、日本の古典の世界と本当に強く繋がっているのですね♪
優しいお心を持った男らしい気質は、そんなところからくるのですね。

 まだまだです。日本海のように深い感じです。でもしっかりとルーツは大切にしたいなぁとそんな風に思います。それがいつか歌に生かされたらと思うばかりです。

>お着物での鈴本・・・いらっしゃれましたか?
きっと懐手が似合う旦那衆になられますよ(^-^)v

 着物では行けなかったのですが、楽しんできました♪もっと内面を磨いて着物が似合うようになりたいです!!

投稿: 松田亜世 | 2007年1月28日 (日) 17:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 着物で歌舞伎! | トップページ | 上野鈴本にて »