« ピアノ、エレキギター、マンドリン♪ | トップページ | 亜世人形誕生♪ »

2006年11月 8日 (水)

仏像

 昨日は風は強かったけどいい天気で、午後時間が出来たさけ、東京国立博物館で開かれとる『仏像-一木に込められた祈り-』を観に行ってきてんわ。

 ちょうどお昼に上野近辺に着いたさけ、ほんならちゅうことで天神下の大喜のラーメンを食べてん。上野に行くとかなりの確立で天神下まで足を延ばしてここのラーメン食べとることになるわ(笑)。結構美味いし!

 不忍池に沿って歩いて、途中の弁天さんで来週の金沢ライブと再来週の落陽ライブの成功をお祈りして、いよいよ博物館に。

 古いがでは7世紀の仏さん。今日に至るまで祈りの対象やったほの姿、なんともまぁ鳥肌が立ったぞいね。仏さん観とると、その姿だけじゃなしに、そこに遠い日の人間の想いやら祈りが感じられる気がして、いっつも吸い込まれそうな感じになれんわ。

 書き出したら切りがないほど素敵な仏さんが博物館にお出ましやってんけど、やっぱり向源寺の国宝・十一面観音菩薩立像(http://event.yomiuri.co.jp/2006/butsuzo/kannon.htm)には眼を奪われてしもた。観音さんの慈悲の優しさが何とも美しく表されとって、いつまでもいつまでも見守って頂きたい感覚になったわ。

 博物館で仏さん観るといつも思うことやけど、それぞれの仏さんのおいでるお寺でやっぱり観たいなぁちゅうがに思うげんわ。音楽に喩えるなら、お寺での仏さんがライブ、博物館で観るがはレコーディングされたアルバム聴くようなもんや(笑)。博物館やとライブではありえん近さで観れたり、普段観れん後姿やらも観ることができるげんけど、やっぱり祈りの空間、ほの生の迫力にはかなわんげんなぁと思うわ。

 今度は観音さん観に、滋賀まで行こうと思うげんわ。

 木に魂が宿ると考える日本の心が、大陸からの仏教と交わって生まれたんが、木造の仏像やし、ほのなかでも今回は、一木彫に焦点があてられとってんけど、ほの存在感は圧倒的やったわ。

 自然に魂をみる、これからの時代にこそ大切な想いやと思う。

|

« ピアノ、エレキギター、マンドリン♪ | トップページ | 亜世人形誕生♪ »

コメント

 たくさんの仏像に囲まれると心が“凛”としてきますよね。
とても良い時間、本当に良かったですね。

 以前、亜世さんのライブに伺ったとき、
ちょっと早く着いたので、吉祥寺のBook Offに立ち寄って買ったのが、
白洲正子著 「十一面観音巡礼」という本でした。
 その中で向源寺の十一面観音さまについてこう書かれています。
『この十一面観音は、深く内面を見つめた仏師の観法の中から生まれた。
ものを造ることは、ものを知ることであり、
それは外部の知識や教養から得ることの不可能な、
ある確かな手応えを自覚することだと思う。』
そして、仏像の背面の暴悪大笑面の写真が載っています。

 仏師が心で体験したものを彫ったのですね。。。

投稿: ☆藜☆ | 2006年11月 8日 (水) 22:47

◎☆藜☆さん、
> たくさんの仏像に囲まれると心が“凛”としてきますよね。
とても良い時間、本当に良かったですね。

 ホント良質な時間が流れてました。

>ちょっと早く着いたので、吉祥寺のBook Offに立ち寄って買ったのが、白洲正子著 「十一面観音巡礼」という本でした。

 白洲さんも深く心を奪われた仏さんなのですね!

>『この十一面観音は、深く内面を見つめた仏師の観法の中から生まれた。
ものを造ることは、ものを知ることであり、
それは外部の知識や教養から得ることの不可能な、
ある確かな手応えを自覚することだと思う。』

 なるほど!!
 あらゆるモノ創りに通じる心ですね♪身が引き締まります!

投稿: 松田亜世 | 2006年11月 9日 (木) 11:56

向源寺の十一面観音さまにお会いしてきました。。。
もう言葉もなく、ひたすらの静かなひととき・・・感動でした。

7世紀の十一面観音さまも何度拝見しても心が震えますね。
その美しさの中に人々の祈りを昇華させる力というものも感じました。

亜世さんが、白洲正子さんの言葉をご自身への思いとして受け止められていること、
その深いお心に感動します。
その世界観から生まれた楽曲だからこそ、素晴らしいのですね☆

投稿: ☆藜☆ | 2006年11月11日 (土) 15:47

◎☆藜☆さん、
>向源寺の十一面観音さまにお会いしてきました。。。
もう言葉もなく、ひたすらの静かなひととき・・・感動でした。

 そうですか!
 やはり美しさに圧倒される静寂なんでしょうね。

>7世紀の十一面観音さまも何度拝見しても心が震えますね。
その美しさの中に人々の祈りを昇華させる力というものも感じました。

 確かにそんな感じがしましたね。

>亜世さんが、白洲正子さんの言葉をご自身への思いとして受け止められていること、
その深いお心に感動します。
その世界観から生まれた楽曲だからこそ、素晴らしいのですね☆

 いえいえ、まだまだ日々勉強です。非常に良いお言葉ありがとうございました。

投稿: 松田亜世 | 2006年11月13日 (月) 09:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピアノ、エレキギター、マンドリン♪ | トップページ | 亜世人形誕生♪ »